つまってしまったズボン

「老眼?」
「この頃ダメ。 見えねえのよ。」
「ほんで、これかよ」
とメガネを額にヒョイとあげてみた。
「遠近両用に替えて2年だよ。 ホレ。」
と同級生の友人は答えてメガネを見せてくれました。

クリーニング研究会『水曜会』のメンバーの中には、
年齢的に10歳近く上の方がいるので
リーディンググラスをもっている人が何人かいますが
同級生の友人も続々と買い始めています。

実は自分も以前とは明らかに違和感があることを
毎朝の新聞を読む時に感じています。
そこで、
何時もお世話になっている
コマツさん(地元の時計宝飾メガネ屋さん)に相談しました。
「マーちゃんは遠近両用ダメだな。 『デリケート』だから」
なんて言われました。
自分に『デリケート』という言葉が似合わない事は百も承知ですが、
自分のメガネのノーズパットが少しずれたりして
掛け心地が違うとすぐに分ります。
そして、コマツさんにスグに直してもらいに行きます。
コマツさんから買ったメガネは「永久補償」なんです(笑)
(私がそう言ってるだけですが、知人も皆やって貰ってます)
最初は自分で何とか直そうとしましたが、
どうもしっくりこない。 で、コマツさんへ。

「自分で直そうとしたべ?」
「何で分んの?」
そりゃ見れば分るよ。 いじられると、面倒臭くなるから
何もしないで持ってきてよ。  直すから。


『ごもっともでございます。』

私もお客様によくお願いしている事でございます。


コマツさんは認定眼鏡士、私はクリーニング師。
素人とは違う職人です。 見れば大体の見当は付きます。

さて、
前フリが長くなりましたが、
品物を拝見して、ご自分で洗濯されたものだと
スグに解りました。

↓  つまった縫い目も修正しました

営業職のお客様で、
この暑さの中、スーツでお仕事。
汗をかいたズボンを洗ってみたら元に戻らなかった。
ポリエステル素材が半分位入っていたら
こうはならなかったでしょう。
でも、
こちらは、ウール100%です。
ご家庭での水洗いはダメだと思います。
洗えたとしても、元通りにはなりません。
洗濯表示に、水洗いOKと書いてある物でも
表示どおりに洗いましょう。


ウールの水洗いは、
どこのクリーニング店でも受けてくれるとは限らないと思います。
ドライクリーニングするより
はるかに手間が掛かります。
汗抜き水洗いは「ウエットクリーニング(水洗い)する店」に依頼することが肝心です。

ご用命を頂きまして有難うございました。
「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」の御相談承ります。
お気軽に電話、メールにてお問い合わせ下さいませ。
ご相談、お見積りは無料です。

菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/
ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、下記まで御連絡下さいませ。
TEL  023(662)3058
kikuti.masasi@cream.plala.or.jp

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中