ネクタイに付いた染み

ここのじゃ無きゃダメ、って事はないですか?
クリーニング屋ですので、
服で例えてみれば、
紳士物では、Yシャツやスーツ。

生地は違えど、同じデザインの物を、「同じお店」でオーダーする。
既成服にしても、「同じブランド」の物で統一する。

そんな御客様は多数いらっしゃいます。
オーダーもの、既成のものに関わらず、
サイズや品質の安心感が有るのだと思いますし、
テイストが同じですので、合わせやすいのだと思います。

自分自身は何だろう?と考えれば、
やはり、Gパンでしょうか。
ちょくちょくと他のメーカーのも試して穿いてはいるんですが、
リーバイスの501(米国製)よりも穿きやすいものはありません。
アメリカの工場での製造は
とっくに中止されていますので、
古着屋やネットで探すしかありません。
先日も親しくさせて頂いてる同業の友人から、
「ボロボロになったらどうするの?」
と、聞かれましたが
「リペアしてまた穿く」と答えました。
何かの本に書いてありましたが、
Gパンを穿いたまま眠れるのが良いGパンなのだそうです。
(勿論、幾度となく寝ております・笑)

さて、
そんなこだわりがある御客様にとっては、
ピンチな状態になったネクタイ。
こちらのお客様のお気に入りのブランド、
「バーバリー」のネクタイをお預かり致しました。

↓ 焼肉の肉汁? タレ?とにかく染みになってます。



キレイに取れました。
ピンチは、時として、キレイにするチャンスかもしれません。
染み抜き+全体洗浄で全体にくすんだ感じの汚れも解消しました。

焼肉に行かれて、染みを付けてしまわれたそうで、
帰りしなにご来店頂きました。

「何もしないほうがいいんですよね?」
とおっしゃっておりました。
ハイ、その通りでございます。

こちらの御客様がお持ちのバーバリーのネクタイは、
別の柄のものを、
何度か、染み抜きをさせて頂いております。
スグに、何もせずに、お持ちいただきました。

油のしみは、ドライクリーニングが最適です。
ドライクリーニングは、クリーニング屋でなければ
出来ない洗い方なのです。


ドライクリーニングにはドライの良さが、
水洗いには水洗いの良さがあるんです。


「ご家庭で洗える○○○、自分で出来る○○の染み抜き」
がブームになっておりますが、
このアイテムの場合は、無理でございます。
自分でできる(洗える)ものは、
洗濯表示に水洗いが出来る表示(洗濯機マークや手洗いマーク)があるもの。
「これはどうだろう?」という解らない物、
「これはヤバイかも」のものは
店頭で聞きて下さればお答えしております。
当店では、家庭洗濯も応援しております。
お気軽に聞いてみてくださいね。

ご用命を頂きまして有難うございました。
「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」の御相談承ります。
お気軽に電話、メールにてお問い合わせ下さいませ。
お見積りは無料です。

菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/
ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、下記まで御連絡下さいませ。
TEL  023(662)3058
kikuti.masasi@cream.plala.or.jp

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中