J.PRESSのスーツ、エリと袖の染み、黄ばみ

アイビー、トラッド、アメカジ。

1960年代にヴァンジャケットが登場して、
日本の若者たちに起きたアイビーブーム。
私が「VAN」を知ったのは中学時代です。
初めて憧れた洋服のブランドかも知れません。
VANができて10年程経ってからですが。

憧れていたブランドでしたが、
VANのアイテムは未だに持っておりません。
唯一持っていたのが、「Kent」の白のボタンダウンシャツでした。
ホントはVANのものが欲しかったんですが、
私の大きな体に入るサイズのものが無かった(笑)
Kentのシャツがたった一枚だけ、ギリで着れました。
これは結構大事に、中、高と着ましたね。
愛着もありました。

高校を卒業して、総合繊維卸業に就職してから
ナチュラルショルダー、
段返り三つボタン、
センターフックベントの
スーツとブレザーを作りました。
会社では、ボタンダウンのシャツは
パターンオーダー出来ましたので、何枚かつくりました。
靴は、
サラリーマンのための最強のシューズと言われた、
REGALを何足か買い揃え、
その中の二足のチャッカーブーツに至っては
頑丈な作りのために、いまだに、履き続けています。
サラリーマン時代には、
アイビーはトラッドという呼び名になっていたのかも知れません。

さて、
そんなトラッドファンは、
好みを変えずに、同じブランドの物を長く愛用する方は少なくありません。
今回、お預かりしたのは、
レディースのJ.PRESS。
ジャケットとスカート、スラックスが同じ生地のセットアップです。

画像ではエリの黄ばみが見えずらいんですが、
袖口の染みもあり、全体的にもくすんでおりました。






エリと袖口は部分的に染み抜きして、
その後、ダブルクリーニング(ドライ+ウエット)しました。
染みの部分はキレイになって
全体的にあったくすみも取れ、サッパリしました。

J.PRESSなどのトラッドなアイテムは、
時代的の流れで、
多少のデザインの変化はありますが、
不変的なものなのかと思います。

この頃は、
メンズ物も「ちょい悪」よりも「アメカジ」がアツいですよね。
若い頃に「VAN」はじめ、
MEN’S CLUBに影響を受けた方が
アメリカン・カジュアルの良さを再認識しているのかもしれませんね。

お気に入りのものは、
定期的にお手入れする事で
長く着用できるアイテムになるのではないかと思います。

ご用命を頂きまして有難うございました。
「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」の御相談承ります。
お気軽に電話、メールにてお問い合わせ下さいませ。
お見積りは無料です。

菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/
染み抜きブラザーズのブログ (毎日更新中!)
http://ameblo.jp/simibura/
ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、下記まで御連絡下さいませ。
TEL  023(662)3058
kikuti.masasi@cream.plala.or.jp

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中