オルテガ・チマヨジャケット、クリーニングと防虫加工。

景気がよろしくないとか、
デフレとかで消費が落ちているとは言え、
その状況も分かってはいるのだけれど、人間の物欲はありますよね。

車の売れ行きも芳しくないのでしょうが、
イイ車を乗っている人は沢山いらっしゃいます。
若い人なら尚更なのではないのでしょうか。

こんな考え方は私だけなのかも知れませんが、
山形の人はクルマにお金を使っている人が多い感じがします。
子供が大きくなって、地元山形に就職する人が必要なのは、まずクルマです。
絶対に必要なのですが、やはりいろんな意味で「高い」と思います。
高額な割りには、一生乗り続けられる車なんてあるのでしょうか。
もし、あったとしても、メンテナンス費用や保管場所など莫大な金額がかかるでしょう。

さて、
クルマと違い、宝飾品や時計などは、一生ものというものがあると思います。
洋服もございます。
良いものを永く使う。
そのために必要なのは、どんな物であれ、「メンテナンス」が必要です。
洋服の場合、気をつけたいのは保管方法だったり、場所、
そして、汚れたままにしておかないことが重要です。

先日、お持ち下さったのは、若いお客様です。
お品物は重量感のあるジャッケット。
詳しく拝見する前に、すぐに何なのかが分かりました。
CHIMAYOジャケット。
ちらのタグの物です。


ORTEGA社のチマヨジャケットです。


クリーニングしまして、防虫加工をいたしました。

オルテガ・チマヨジャケットは、
インディアンに古くから伝わっている伝統工芸で、
天然染料で染められたものだと言われています。
手織りで製造され、一点ものなはずです。
だから価値があります。

こちらのジャケットの素材は、厚手のウール。
ウールですので、虫食いには注意しないといけません。

古着でも出回っている人気のアイテムです。
1930~40年物のヴィンテージなんて物もあります。
でも、虫食い跡があるものがとても多いです。
ちなみに古着のベストでも3~4万は普通です。
新品なら6万以上なのではないのでしょうか。
チマヨ好きな人は沢山いらっしゃいますので、
需要がなくなることは、まずないです。

カシミア、アンゴラのオーバーコートも何十万のものもありますが、
こちらのジャケットも高額なのは想像がつきます。
状態が良ければ、何十年も着用される事でしょう。
その為には、まめにメンテナンスされる事は重要な事だと思います。

ご用命を頂きまして有難うございました。
「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」の御相談承ります。
お気軽にお電話、メールにてお問い合わせ下さいませ。
お見積りは無料です。

菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/
家庭洗濯を応援する
「染み抜きブラザーズのブログClean&Easy」 (ほぼ毎日更新)
http://ameblo.jp/simibura/
ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、下記まで御連絡下さいませ。
TEL  023(662)3058
メール kikuti.masasi@cream.plala.or.jp

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中