レインコートの染み抜きWクリーニング

「今日なら時間はいつでも良いから、取りに来てね。」
(ん? ホントにいつでもいいのか?)
電話での集配の依頼でございます。
「いつでも」とおっしゃいましたが、伺ったことも無い
とんでもない夜中になど、とても行けませんので、
「では、3時過ぎに」、なんてお答えしました。

そんな事で、お得意様に伺う途中、
先週末に一緒に飲んだ、H君と車ですれ違いました。
(さてはズルして早く帰ってきやがったな・・。)
ほどなくしてメールが来たのですが、どうも体調が悪いらしい。
掛かりつけ医の秋葉先生の診断では、
体調が悪いのはストレスでは、と言われたらしいです。
同年代で体調悪いヤツ、多いなぁ。
でもH君は大丈夫。夜になればきっと良くなるはずです。
基本的に焼酎飲めば治りますから(笑)

当店もそうなんですが、
クリーニング屋の同業の皆さんは「超・繁忙期」のようですね。
先月が寒かったせいもありまして、どこのお店もドーンと洗濯物が出ています。
私も気を付けますが、体調にはお互いに気をつけましょう。
仕事中に、ブツブツと独り言とか言ってないですかねぇ?
知らず知らずのうちに、私は言っているようです。
このブログでも( )で表現しているところがこの頃多い気がします。
これ、口に出さない独り言ですね。

さて、
この春にお預かりする品物の、
汚れ方がキツイことを以前のブログにも書いたと思います。
昨シーズンに、クリーニングに出されなかったものもあるんじゃないか、
と思われるものも実際にあるんです。

そういった汚れが蓄積したアイテムを、
前処理もせずに、ドライクリーニングしただけでは、
汚れを落としきれないです。
一回洗いではちょっと無理な感じの物。
Wクリーニングや染み抜きが必要なもの。
まさにそんな感じのレインコートをお預かりしました。


特に目立ったのはエリの部分です。



どこのクリーニング店でもそうだと思いますが、
主力で使っているドライクリーニングの溶剤は、
洗濯表示にも良く書かれている「石油系」だと思います。

以前と違い、デリケートなアイテムや異素材を組み合わせたアイテムなど、
「石油系指定」の表示のものがとても多いです。
前処理やシミを取らないで、洗っただけでは、
シミや汚れが残ってしまいます。
店によっては、そのまま仕上げにまわし、
「落ちませんでしたシール」をすぐに貼るところも多いと思います。

それは、何故でしょうね?
キレイにするには手間が掛るからです。
とても、低料金ではできないのです。

クリーニング屋が全部そうかと言えばそうではありません。
それが嫌なお客様は、「クリーニング店を選んで」出して頂く必要があります。


キレイにするには、染み抜きやウエットクリーニング(水洗い)が必要です。
そういう作業をしたものは、仕上げるにも余計に時間が掛ります。
ウエットや染み抜きするかどうかは、お客様の判断になってしまいますが、
当店にお持ち下さるお客様は、ほとんどが「キレイにして」という方です。
当店の方針も、キレイにしてお渡しして、喜んで頂く事が大前提です。

作業の内容はお任せ頂くお客様が多いので、
とにかく手間が掛ってもやるしかないのです。
そういう事でございますので、
急ぎのお品物以外は、いつもよりも少しお時間を頂くことをお許し下さいませ。

ご用命を頂きまして有難うございました。
「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」「リペア」の御相談承ります。
お気軽にお電話、メールにてお問い合わせ下さいませ。
お見積りは無料です。


菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/
家庭洗濯を応援する
「染み抜きブラザーズのブログClean&Easy」 (ほぼ毎日更新)
http://ameblo.jp/simibura/
TEL  023(662)3058
メール kikuti.masasi@cream.plala.or.jp
ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、下記まで御連絡下さいませ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中