J.PRESS 綿ブレザーに付いた染み

「汚れた物」の基準ってそれぞれ違いますよね。
クリーニングに出して頂くものを受け付けする時にも
それぞれお客様によって感じ方が違う事はよく分ります。
パッと見て分らない染みでも、
「ほら、ナナメ上から見ると解かるでしょ?」
なんて教えて頂く場合もあります。

USED品(古着)をオークションで出品する場合、
出品者の主観によって、
染みや汚れを説明するのも個人差があると思います。
「気にならない程度の汚れ」
「クリーニングすれば落ちる程度の汚れ」
古着をいつも着用していてそれに慣れている人は
多少の染みや汚れ、ダメージ等あっても気にならないと思います。
でも、古着に慣れない人の場合はガッカリする場合も多いと思います。
だから、
「ノークレーム、ノーリターンで」とか
「古着に理解の無い方の入札は固くお断りします」
とか書いてあるんですね。

私も古着を買いますが、
オークションの場合、画像はもちろんですが、
出品者の評価も参考にします。
こうしてブログで染み抜きのビフォーとアフターを画像で投稿していますので、
黄色い染みなどはよく写らないのを知っています。

この程度のこの染みなら取れるだろうとか、
このアイテムは、漂白や消臭殺菌しよう、とか思いますが、
一般の人にはその判断は出来にくいと思います。

「クリーニングに出せば取れる程度」なんて
クリーニング店によっても汚れ落ちなんて違うでしょ?
染み抜きが必要なものも、かなりの数があると思います。
それは・・、
オークションで購入したものや、古着で購入した物の
染み抜きや消臭加工の依頼がたくさんあるからです。

オークションで購入されたJ.PRESSの綿のセットアップスーツ。


そのブレザー(背広)の袖に、数カ所の染みが付いていて
このままでは着られない状態です。
染みも黄ばんでいると言いますか、
茶色くなっていて、洗っただけでは取れない染みになっていました。



よ~く見れば探せますが、着用レベルになったと思います。

ドライクリーニングをしても、
それにプラスしてウエットクリーニングしても、
黄ばみや茶色っぽくなった染みのものは取れないです。

洗剤と漂白剤などを調整しながら漬け込みの漂白をしていきます。
セットアップですので、上下一緒に。
ブレザーだけ、ズボンだけですと、色目が違ってしまう可能性がありますので。

新品で買い逃したアイテム。
ユーズドならでは手が届くもの。
買ってしまったけどどうしても着られない。
そんな物がありましたら、まずはご相談下さい。

私自身もネルシャツが好きですが、ほとんどが70~80年代の古着です。
古着好きのクリーニング屋が、洗ったり染み抜きしたりすれば、
着用レベルになるものは、多分たくさんありますよ。

ご用命を頂きまして有難うございました。
「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」「リペア」の御相談承ります。
お気軽にお電話、メールにてお問い合わせ下さいませ。
お見積りは無料です。

菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/
家庭洗濯を応援する
「染み抜きブラザーズのブログClean&Easy」 
http://ameblo.jp/simibura/
TEL  023(662)3058
メール kikuti.masasi@cream.plala.or.jp
ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、上記まで御連絡下さいませ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中