麻ブラウス、食事中に出来た染み

いつも集配に伺っているお客様から、
「何が付いたのか分らないんだけど、
こんなんなっちゃったのよ」
とお預かりした麻のブラウス。
ケアラベルは・・、
ドライも手洗いもできます。



画像では見えづらいのですが、
茶色い染みが袖にブワーッと付いています。
水洗い出来る洗濯表示ですので、
スグに水で洗ってしまいそうです。

知り合いの方とご飯を食べに行って付いた染みと伺いました。
そうお聞きしたのなら、まずはドライクリーニングしようと思いました。
それは、外食では、油を使った料理や調味料が沢山あるからです。
油を取るにはドライクリーニングが最適です。
その後ウエット(水洗い)。
それでも染みが残ったら染み抜きや漂白が必要です。



袖の染み。



分りづらくて恐縮ですが、
キレイになりました。

ご家庭で洗濯をされるアイテムの場合も、
油分が付いた染みなら、油汚れに強い台所用洗剤等で
「前処理」をして、油分を浮かしてから洗濯されたほうがいいと思います。

もし大切なアイテムな場合、
これはクリーニングにお任せ頂いたほうが良いと思います。
シミになってしまったものなら尚更です。

クリーニングに出しても大差ない、と思っておられる方も
多いともお聞きしますが、全部そうではありません。
キチンと洗って染み抜きしてくれるクリーニング店は探せば必ずありますよ。
できれば、ご自宅の近くにあるところがいいです。

「この染み取れますか?」と聞いてみて、
染み抜きテストをしてくれる店や、
「染み抜き料金は成功報酬」の店なら安心かと思います。

もし見つけられなかったり、中々探せない場合。
ネットで見つけて下さい。
宅急便で受け付けてくれるところは沢山ありますよ。

ご用命を頂きまして有難うございました。
「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」「リペア」の御相談承ります。
お気軽にお電話、メールにてお問い合わせ下さいませ。
お見積りは無料です。

菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/
家庭洗濯を応援する
「染み抜きブラザーズのブログClean&Easy」 
http://ameblo.jp/simibura/
TEL  023(662)3058
メール kikuti.masasi@cream.plala.or.jp
ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、上記まで御連絡下さいませ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中