スラックスの色抜け修正

先日、一緒に誕生日を祝ったH君が、
午後からご来店。
「ああいう写真出されると困るんだよねぇ。イメージダウンになるから。」
そんなことはありませんよ。
50代のオヤジの哀愁が出ている画像ですから(笑)

しかし、H君、会社が終わるには早すぎる時間帯です。
オヤジさんの体調が思わしくなく、
近所の病院の先生から呼び出されたとの事。

私たちの親は70~80歳代がほとんどで、
どこの親も病院に行ってる人がほとんどだと思います。
私たちが「飲み屋のはしご」をするように、
「病院のはしご」をする方も多いと聞きます。(例えがおかしいか?)
この病気はここ、こっちの具合の悪いところはここ、なんて。
出来れば評判のいい先生に、
診てもらいたいのは誰でも一緒なのではないでしょうか?

さて、
クリーニングもその通りのようで、
お客様が「ここだ!」って選ばれたクリーニング店に
染みを取って欲しいと思って、クリーニングを依頼されます。
お客様がご自分で選ばれてクリーニングを依頼された所ですので、
キレイになってくる、という結果を当然期待されます。
例えば染み抜き。
「シミ取れますか?」
と聞かれたクリーニング店が言う言葉は、
「やってみます」
「取るように努力します」
って言うと思います。
確かに、染み抜きはやってみなければ取れるかどうかは分りません。

お客様にしてみれば、
前金で染み抜き料金を取られていますので、
シミが落ちてこないだろう、なんて思わないと思います。
お金を払ってシミが薄くもなってこない、なんて事になりますと、
お客様の感情としてはクリーニング屋だけでなく、
クリーニング業に不信感が生まれるのではないのでしょうか。

ご自分にとって、特にお気に入りのアイテムがそうなった場合、
それは大問題ですね。
何とかしてくれそうなお店を探すのだと思います。
手っとり早いのがインターネットです。

今日ご紹介するスラックスも
「染み抜き」を依頼されたのだそうですが、
取れなかった、というものです。
宅急便で送って頂きました。
シミではありません。色抜けです。
取るのではなく、色を付ける作業です。

丸印のところが色抜けです。






スラックスの裾の糸引きの修正。
糸を切らずに直します。




ご要望の撥水加工もお付けしました。



クリーニング屋はドライクリーニング、水洗い、仕上げなど、
大まかに言いますと同じような事をやっています。
ただ、どこまでやるかや、使用する洗剤助剤、
どこまでのレベルの作業をするかなど、
みな違うと思ってくださって結構だと思います。

手間を省いて料金を安くする店もあれば、
使う資材にこだわったり、とことんキレイにすることにこだわりを持つところもあります。
お店を選ぶのはお客様です。
ここ、っていうお店を探してみて下さい。

ご用命を頂きまして有難うございました。
「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」「リペア」の御相談承ります。
お気軽にお電話、メールにてお問い合わせ下さいませ。
お見積りは無料です。


菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/
家庭洗濯を応援する
「染み抜きブラザーズのブログClean&Easy」 
http://ameblo.jp/simibura/
TEL  023(662)3058
メール kikuti.masasi@cream.plala.or.jp
ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、上記まで御連絡下さいませ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中