ラメ糸使いジャケット、古い染み

先日、学校の白いTシャツのような
体育着をお持ち下さったお客様。
「絵の具を付けたものですが取れますか?」
とご来店下さいました。
「取れますが・・、え~っと・・・。」
と言葉に詰まるほど沢山の絵の具の染みがありました。
薄くなった染みを見て、ご家庭で洗われたのはスグにわかりました。
染みが多少薄くなっていましたので、もしかして・・
「漂白もされましたか?」とお聞きしますと、
「ハイ。しましたけど取れませんでした。
なので持ってきてみたんです。」

残念ですが、最初に漂白をしても絵の具は取れないと思います。
正直申しますと、ご家庭でキレイにするのは無理だと思います。
ご家庭では手に入らない薬剤で、
ご家庭では設備出来ない機器を使って染みを抜くからです。
どんな染みでも、染み抜きには方法や順序がございます。

虫に刺された場合、軽傷ならばドラッグストアで買ってきた軟膏で
かゆみや腫れが収まる場合もありますが、
敏感肌の人は、最初から病院に行って、
薬を処方してもらうほうが治りは早いと思います。

風邪なども引き始めた場合は市販の薬を飲めば、
良くなる場合もあると思います。
でも、高熱が出てインフルエンザのようであれば、
病院に行って診察してもらって処方した薬を迷わず服用するはずです。

洋服は、熱を出したり、苦しい・・なんて言いませんので、
ご自分が「これが一番効きそう、な方法」で洗濯されます。
一番効きそうな方法、それが「漂白」のようです。
しかも一番効きそう、とセレクトされるのが、
クリーニング屋では染み抜きにほとんど使わない
「塩素系ハイター」を使っての染み抜きをされたものも沢山拝見しました。
ほとんどの場合、お客様の努力がムダになっています。

今日ご紹介するのは、ラメ糸使いのジャケットです。
なんとなく、家庭洗濯はムリ、という感覚はあると思います。
ですので、さすがに、ご家庭でハイタ―を使って洗われる方はいらっしゃらないと思います。

画像では解かりづらいのですが、
白いレースの糸にラメ糸を使っているものです。
付いた染みを抜く為には、使える薬剤が限られるアイテムです。
なかなか取れてくれませんでしたが、根気強く染み抜きします。


↓  スソが茶色っぽくなっているのが、お分りでしょうか?

キレイになりました。
染み抜きする場合、素材をよく見て使う薬剤を選びます。
漂白と言っても、様々ありますが、漂白は最終手段です。
ラメは漂白出来ないものが多いです。
と言う事は、「染みが取れなくなる」と言う事です。
なので、仕舞われる場合は、お手入れされてから仕舞うのがよろしいと思います。
染みが付いた場合も、
時間を置かずに、染み抜きを依頼される事をおススメ致します。

ご用命を頂きまして有難うございました。
「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」「リペア」の御相談承ります。
お気軽にお電話、メールにてお問い合わせ下さいませ。
お見積りは無料です。


菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/
家庭洗濯を応援する
「染み抜きブラザーズのブログClean&Easy」 
http://ameblo.jp/simibura/
TEL  023(662)3058
メール kikuti.masasi@cream.plala.or.jp
ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、上記まで御連絡下さいませ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中