ドレスの染み。血液とエリ汚れ。

確か30度位って書いてあったんだけどなぁ。
今日の最高気温。
「超ラッキー」と思ったのは昨日の夜まででしたねぇ。
外に出て、黒いシャツを着た事を、早くも後悔しました。

しかも、今朝というか夜中というか、
午前3時頃に火災があったようで、
町役場のサイレン、地元のポンプ庫のサイレン、
消防車のサイレンで寝られない。
予備消防隊に入っていますので、近所なら行かなくてはいけません。

我が中山町とお隣の山辺町には、
消防署がありませんので、地元の消防団員が消火する事になります。
サイレンから45分後に、消防団の後輩から
「今、鎮火しました」と電話が入りまして、一安心です。
4時ちょい前でしたかね。
火の元には気を付けたいですね。
みんなに迷惑が掛ります。

わざと火を付けた、なんて場合もありますが、言語道断です。
消防団員は命を張って火を消すんです。
職業消防人ではありません。別に仕事をそれぞれ持っています。
そう言えば、
私がまだ現役の時に、後輩が野次馬の中にいた放火犯を見つけて、
正座させて説教して、その後輩の手が思わず出たなんて事もありましたねえ。
若かったからアツかったんでしょうね。
警察官も来るんですが、時と場合によっては、
警察の言う事など聞きませんから。
火災の時の親分は消防団長です。

さて、
洋服に染みをわざと付けて、
クリーニング屋を困らせようなんて人もいないと思います(笑)
クリーニングに出せばお金も掛かってしまいます。
「気付かずに」付くことがほとんどです。
更に、シミに気付かないで後から分る場合も多いです。

お預かりしたのはドレスです。
画像にあるだけでなく、結構沢山染みが付いていました。


襟元の裏にはファンデーション。





こちらは、ドレスの裾に付いた血液。



ハンガーに吊るしたところ。


ドレスの素材はほぼポリエステルです。
素材的には染み抜きでは無理がきくんですが、
ラメ糸が入っています。
ラメ糸が入っていますと、染み抜きに使う薬剤の中には、
使えないものが出てきます。

付いてスグの血液は水で洗い流せば取れるんですが、
時間が経ってしまいますと、取れにくい染みに変ってしまいます。
これは、他の染みにも言える事で、
シミは付いたらなるべく早く取ってしまいたいところです。
では、取れなくなったシミはどうしましょう。
そんな時は菊地クリーニングにご相談下さいね。

染み抜きクリーニングは、
宅配便でもお預かりしております。
お届けはハンガー便でのお届けも可能です。

ご用命を頂きまして有難うございました。
「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」「リペア」の御相談承ります。
お気軽にお電話、メールにてお問い合わせ下さいませ。
お見積りは無料です。


菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/
家庭洗濯を応援する
「染み抜きブラザーズのブログClean&Easy」 
http://ameblo.jp/simibura/
TEL  023(662)3058
メール kikuti.masasi@cream.plala.or.jp
ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、上記まで御連絡下さいませ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中