ユーズド品をキレイに。

今日の朝、寒かったですねぇ。
今日明日は雨マーク。
明後日からは雪のマークが続きまして、
連日の最低気温はマイナスマークの山形です。
いよいよ冬本番でしょうかね。

さて、
私の住んでいる中山町は、
山形市はお隣の街で、中心街までは車で二十分程です。
左沢線(あてらざわせん)というJR線でも同じくらいで行く事ができます。

先代である父と母が弟子に入った、
「旅籠町・三ツ井クリーニング」は山形市の中心街にあります。
その師匠のお店には、
子供の頃から、ちょくちょく連れて行ってもらった記憶があります。
道路条件が、今より良く無かったので30分以上は掛ったと思います。
当時、三ツ井クリーニングの近くには、百貨店が何店舗かあり、
年に何回か連れて行ってもらいました。

自分が住んでいる中山町にはない百貨店の雰囲気や、
その中にある食堂やゲーム場がすごく特別な所という感覚でした。
洋服は、地元の洋服屋にはない、洗練された洋服が並んでたような気がします。
小学生の目にも地元とはまるで違う別次元の所という感じでした。

その当時は、今とは違って、
友だちも私も、着るもののアイテム数は少なくて、
それぞれが同じような物をいつも着ていたんだと思います。
また、
自分の好きな洋服を選んだという記憶がなく、
親が選んだものを着ていたのだと思います。
たまに百貨店で買ってもらった服は、
自分にとっては「特別なもの」だった気がします。
小学校当時から体格が良くて、
丁度いいサイズの子供服は中々無く、
小ぶりなサイズの大人用のものを着ていたようです。

その小学校の時に、
一気に流行ったのが、ベルボトムのGパンでした。
このアイテムは、自分的に「欲しい物ランキング第1位」でしたが、
買ってもらえませんでした。
その当時は、友だちが皆穿いているのを見て、
とても羨ましく思えたものでした。

今だからこそ、そのGパンを穿けなかった理由は分ります。
体格が良いといっても、
横幅のほうが大きくて、身長が足りなかったんだと思います。
中学に上がる時の写真を見ても分るのですが、
お相撲さんの新弟子のような体格だったんです。

ブーツカットとか、ベルボトムとかの裾が広がったジーンズ。
穿いてみればわかるのですが、
ウエストサイズはピッタリでも、
レングス(股下サイズ)が合わない長いものを買うと、
スソを思いっきり切ってしまう事になります。
場合によっては裾の広がりが無い、ただのストレートなものになってしまいます。
広がっているのは膝下からですから。
今なら分るんですよ、でもそんな事は小学校当時は分らなかったのです。

小学校5~6年あたりですから、1971~72年頃の話です。
当然ですが、
今現在愛用しているリーバイスなんて全く知りませんでしたし、
今思えば親も、年中買ってくれ、と言われ随分困ったのでしょうね。

中学に入ってから、隣街のジーンズショップから、
念願のフレアタイプのGパンを購入。
満足度100%。
でも、その満足感が一気に失せてしまう本を見つけてしまうのです。
「MEN’S CLUB」。
街のアイビーリガースに載っているおしゃれな人は、
誰もそんなものを穿いていませんでした。

細身のパンツにボタンダウンシャツ。
それは衝撃的でもあり、カッコ良さに一気にファンになっていきました。
これも悲しいかな、VANショップには、
私の体格に合うVANのボタンダウンシャツが中々見つかりませんでした。
やっと探したシャツがVANショップで見つけた「GANT」というブランドのものでした。
これ、中々のお気に入りで、高校になってもずっと着ていました。

さてさて、
すっかり長い前振りになりましたが、ご紹介するのはGジャンです。
クリーニングとボアの復元です。

ユーズド(古着)の
リーバイスのボアデニムジャケット。
多分、1970年代のものです。
襟のボアの潰れが気になられていて、
もう少し毛羽を立てられないか、というご要望です。





画像をご覧頂いても解かると思いますが、
白いボアも、汚れていて、
袖口の白く色落ちしている所もくすんでおりました。

くすみの汚れはかなり改善してキレイになったと思います。
問題なのは、どの位ボアを毛羽立てていいか、ということ。
古着ですので、ユーズド感を残しつつ、
お客様の要望の毛羽を立てる塩梅です。
お客様には喜んで頂けました。

自分の「70年代」を延々と説明して、
随分前に作られたものである、と
私はきっと言いたかったのでしょう(笑)
お客様は、このリーバイスのGジャンを、
つい懐かしくなって買ってしまった、とお聞きしました。

私たちよりも少し上の年代、団塊の世代の方など、
アイビーや、アメカジが好きだった方は沢山いらっしゃるでしょう。
アメカジやアイビースタイルは、流行に左右されないスタイルだとも言われています。

アメリカにあるビンテージジーンズは、
ほとんど日本人が買ってしまっている、なんて聞いた事があります。
昔と同じもので未使用なもの(デッドストック)は高額なものも多いですが、
ユーズド(古着)なら沢山ありますよ。
サイズも問題ないくらい選べると思います。

汚れがひどいものでも、生地さえ大丈夫なら
着用レベルになるものは多いです。
私の着ている物も、昔のアメリカの物が多いです。
「もう少しキレイになれば着てもいいんだけどなぁ」
なんて物がございましたら、ご相談頂ければと思います。

ご用命を頂きまして有難うございました。
「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」「リペア」の御相談承ります。
お気軽にお電話、メールにてお問い合わせ下さいませ。
お見積りは無料です。

宅配便での染み抜きクリーニングも承ります。

菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/
家庭洗濯を応援する
「染み抜きブラザーズのブログClean&Easy」 
http://ameblo.jp/simibura/

〒990-0401
山形県東村山郡中山町長崎4431
TEL  023(662)3058
メール kikuti.masasi@cream.plala.or.jp
ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、上記まで御連絡下さいませ。

2件のコメント

  1. お疲れ様です、岐阜のキタヤクリーニングです。
    『ベルボトム』に反応してコメントしてしまいました(笑)
    私が20代前半のころにも流行しまして、
    リーバイス646の70’デッドストックを購入して
    履き込んでいました。
    先日、洋服の片付けをしていたところ、
    当時履いていたものが出てきました。
    『28インチ』
    足を入れるまでもありません(爆)
    ついでにエアロの馬革パンツも出てきました。
    『28インチ』
    できれば見たくなかったかもです(爆)

  2. キタヤさん、毎度有難うございます。
    すかさず反応して頂き恐縮です。
    そうですか、646お持ちでしたか。
    ロン毛、ライダース、エンジニアブーツで渋谷方面でご活躍されていたのでは、なんて勝手にイメージしてしまいました。
    646と517は日本で展開されたのはオレンジタグが極めて多いと記憶しております。517は、20517という表示ではなかったでしょうかね。赤タグはアメリカからの輸入品が多かったと思います。
    28インチなんて夢のまた夢のサイズですね。
    多分、私の小学校3年の頃のジャストサイズかと思われます(爆)←使い方よろしい?
    キタヤさんには是非、28インチに片足だけでも入れて頂きたかった(爆)
    私の着られるサイズがあれば、646にケニントンのポリシャツ、ノースビーチあたりの革ジャンで更に怪しいオジサンにないたいところです(爆)
    パパイヤ鈴木っぽいですかね?せめてグッチ裕三でいきたいところでございます(爆)
    (爆)の乱用、初心者に付きご容赦下さいませ。正しい使い方を未だに研究中でございます。
    またのお越しを心よりお待ち申し上げます。
    有難うございます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中