アバクロのポロシャツ、汗染み、黄ばみ抜き

全国的な寒さで、
雪が降っているところも多いようですね。
滅多に降らないところは、
20~30センチ雪が降っただけでも大騒ぎのようです。

山形は雪国ですので、
その位では驚きませんよ。
ただ、毎日降っていますので、雪もドンドン積もってきます。
ですので、雪片づけが日課になっています。

昨日、北海道の方からお問い合わせを頂きました。
お話中に、雪の話もちょっとさせて頂きましたが、
北海道に比べましたら、山形なんて全然大した事がありませんね。
流石に積もっているレベルが違います。

朝のうちに雪を片づけるのですが、
寒いので、
外に出る時には少し厚手のアウターを着るのですが、
2、30分も動けば、汗が出てきます。
まあ、丁度いい有酸素運動のようなものですかね。
でも、それ以上の長時間になりますと、
有酸素運動とはとても言い難いものになってきます。

何日か前のテレビで、
夏の汗と冬の汗の成分は違う、って言ってました。
冬のほうがサラサラした汗が出ない、なんて言っていたような。
よく冬物のジャケットなんかにも、汗染みがあるものがございます。
「冬だから、汗はかかない。」と
よくカウンターでお聞きするのですが、そんなことはありません。
冬でも汗はかくのです。

汗をかいたら、洋服のお手入れ(洗濯)は必ずして下さいね。
放っておくと、汗が酸化して黄ばみの染みとなってしまいます。
当店に依頼される染み抜きも黄ばみ抜きが多いです。
黄ばんでしまうとホント厄介ですから。

洗濯の時に使う水も、
夏場の水温と、冬の水温では、20度くらいは違うのではないでしょうか。
同じ洗剤を使って洗っても、夏場より汚れ落ちは悪くなると思います。
水温が下がれば洗浄力も落ちてきます。

さて、
今日ご紹介するのは、
アバクロンビー&フィッチのポロシャツ。
通称“アバクロ”でございます。
ご家庭で洗濯されたものでしょうか、
腋に黄ばみが残ってしまっています。




漂白しました。

漂白=塩素系漂白
と思っておられる方は、そこそこいらっしゃるんじゃないっすか?
確かに強力ですが、繰り返しますと生地が弱ってきます。
使える素材も決まってきますし、色柄ものはNGです。
酸素系の漂白剤を洗濯時に使ったほうが安全です。

漂白を効かせたいのであれば、
水温を高くして、洗剤と一緒に酸素系漂白剤で、
つけ込み漂白する方法がよろしいのではないでしょうか。

当店では、塩素系の漂白剤を使う事は余りありません。
と言うか、ほとんど使いません。
漂白剤の上手な使い方は、
家庭洗濯の本など出版されていますので、ご参考にされても良いかもしれません。

着たらなるべく早めに洗濯することは大切です。
衣替えなどで、しまう場合は、
思い切ってクリーニングに出してしまうのもいいと思います。

クリーニング店の水洗いと、家庭洗濯は、
どちらも同じ水洗いなのですが、
使う水の温度や洗剤、助剤が違います。
この差は、お客様が考えている以上に大きいと思います。

ご用命を頂きまして有難うございました。
「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」「リペア」の御相談承ります。
お気軽にお電話、メールにてお問い合わせ下さいませ。
お見積りは無料です。


宅配便での染み抜きクリーニングも承ります。

菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/
家庭洗濯を応援する
「染み抜きブラザーズのブログClean&Easy」 
http://ameblo.jp/simibura/

〒990-0401
山形県東村山郡中山町長崎4431
TEL  023(662)3058
メール kikuti.masasi@cream.plala.or.jp
ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、上記まで御連絡下さいませ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中