自分で出来る事、ムリな事。

また、雪降ってきてます。
朝4時頃は降ってなかったんですがね。
山形市近郊から少しそれますと、結構多いようですね。
この辺りでは、確かに昨年よりかは多いと思いますが、
特別降雪量が多いなんて思わないです。
まあ、毎年違いますからね。

雪片づけは確かに大変なのですが、
私の近所の人達は雪を捨てる場所があるので、ちょっとラッキーなのです。
問題は道路で、
雪が降りすぎますと雪の行き場がなくなって、排雪となります。
これはお金掛かりますし、素人では出来ません。
ダンプをチャーターして専用の排雪機械でダンプの荷台に飛ばします。
それを指定の雪捨て場に捨てに行きます。
「まだ、除雪の予算があるから、もう少し大丈夫。」
と昨日、町議会議員の方からお聞きしました。
除雪も自分で出来る事と専門職の人でなければ出来ない事があります。

さて、
バッグの「お手入れ」。
革のものなら自分で磨いたりは出来ますよね。
革用の撥水剤もスプレーできると思います。
オイルレザーなら保革のオイルだって塗ることもできます。
エコバッグなどにされている、一枚物の布バックなんかも
洗濯は出来ると思います。

バッグの「クリーニング、染み抜き」。
これは自分では出来ないと思います。
クリーニングに依頼して下さい。

そもそもバッグは、
洗う事を想定して作っておりません。
底の固い部分や脇の部分で張りがあるところなど、
厚紙が入っているものがあるんです。

洋服は着たら汚れますが、
バッグだって使ったら汚れます。

昨年の春から、小さなチラシを集配時に何度かお付けしたり、
ご来店時に、カウンターの近くのラックに下げてあるのを見られたりして、
「バッグも洗ってもらえるの?」
なんて気づいて頂いております。
どんなものでも、は出来ませんが、
出来るものはやらせて頂きますよ。

ウールと革の素材と思われるバーバリーのバッグ。
素材の表示は無かったようでしたが、
ケアラベルの絵表示は、当然全部×の「洗えません」の表示です。
洗いましたけど。






こちらは、革と布のコンビのバッグ。
布地の角が擦れ汚れのような黒ずみと布地には不明の染み。





今回お預かりしたバッグは、
中の素材が布地でした。
ブランドものに多いのがコーティング製品の合皮のもの。
コーティング製品ならば劣化しますので、ボロボロになってきます。

革と布のコンビのバッグは、
革の部分から、じわっと色が出てくるものがほとんどです。
クリーニング店でも苦労するアイテムです。

ドライ表示の洋服を、家庭で洗濯される方も増えていますが、
バッグはどうでしょうか?
無理です。
多分、大変な事になってしまうことでしょう。

靴やバッグのクリーニングを受け付けてくれるクリーニング店も増えたと思います。
当店の場合は自店でお手入れいたします。
私が責任をもってお預かり致します。
洋服の染みも、バッグの染みも、出来るだけキレイにしたい。
そんな気持ちで仕事をしております。

ご用命を頂きまして有難うございました。
「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」「リペア」の御相談承ります。
お気軽にお電話、メールにてお問い合わせ下さいませ。
お見積りは無料です。


宅配便での染み抜きクリーニングも承ります。

菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/
家庭洗濯を応援する
「染み抜きブラザーズのブログClean&Easy」 
http://ameblo.jp/simibura/

〒990-0401
山形県東村山郡中山町長崎4431
TEL  023(662)3058
メール kikuti.masasi@cream.plala.or.jp
ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、上記まで御連絡下さいませ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中