「洗えないもの」は買いますか?

生タマゴがかかってしまったらしいです。
お預かりしたのは、中綿入りのコートです。


どこに付いたのか分らない状態ですが、
触ってみるとシルクではなさそうです。
ウエットクリーニングしてみるかな、と思い、
ケアラベルを見てみますと・・、
やっぱりポリエステルですねえ。


あら。



あれれぇ。


クリーニングは専門店に・・。

「クリーニング専門店」と
検索キーワードを入れて調べてみると分るのですが、
クリーニング店名は中々出てきません。

エアコン専門店、ハウスクリーニング専門店、
クリーニング店でも、
布団専門店、きもの専門店、革専門店とかは出てきます。
なら、どこのクリーニング店に頼めばいいんでしょうか?
どういうクリーニング店が専門店なんですかね。

きっと、お客様が当店を専門店だと思ってくれたのでしょう。
ならば、洗うしかありません。

洗いましたけど。
キレイになりましたけど。

本当はファーが付いたコートのようですが、
取り外した状態でのお預かりでした。
ファー付きのものはこのような表示のケアラベルのものがありますね。

今回お預かりしたコートに関しましては、
それが理由ではないのでは、と思いました。
内側の画像がありませんが、
中綿がキルティングされておりませんでした。
洗うと中綿が動いて、
綿が寄ってしまう可能性が高いということだと思います。

洋服を作る側は、
オール×の洗濯表示を付けてもいいのでしょうが、
買う側の人やお手入れをするクリーニング店にとっては厄介な表示です。

売る側のショップの人も、
この製品は洗えません、といちいち説明はしないと思います。
洗えないと説明したら、購入を躊躇う人も多いでしょう。
私なら買わないですもんね。

洋服を作る側、企画する側の人のお話も聞いたことがあります。
お客様から支持されるデザイン、とにかく売れるものを作る事が、
一番優先されています。
メンテナンスの事は全く考えていない、とは言いませんでしたが、
あまり考えては作られておらないようです。

本体の内側に付いている小さなケアラベルを、
ひっくり返して、いちいち確認してから買う人は少ないと思います。
せめて、オール×の洗えない物は、
袖とかに付いている紙のタグと一緒に、
目立つような色、大きさのタグで表記するべきです。

ご用命を頂きまして有難うございました。
「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」「リペア」の御相談承ります。
お気軽にお電話、メールにてお問い合わせ下さいませ。
お見積りは無料です。


宅配便での染み抜きクリーニングも承ります。

菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/
家庭洗濯を応援する
「染み抜きブラザーズのブログClean&Easy」 
http://ameblo.jp/simibura/

〒990-0401
山形県東村山郡中山町長崎4431
TEL  023(662)3058
メール kikuti.masasi@cream.plala.or.jp
営業時間AM8:00~PM8:00 日曜定休です。
ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、上記まで御連絡下さいませ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中