ダウンセーター、パフボールジャケット、クリーニング後の撥水再加工。

パタゴニアのアイテムに限らず、なんですが、
ブログでご紹介する際に、
色が「黒」のものは中々紹介しづらいアイテムです。
実際に間近で見ると、
染みや汚れを見つける事は出来るのですが、
画像には中々写ってくれません。

黒色に白いペンキかなにかが付いたのなら、
ご紹介はし易いのですが、
そんな事例は中々ありません。
このブログで、ビフォーとアフターの画像で見て頂くには解りづらいのです。
でも、勿論、黒色のアイテムもクリーニングはしておりますよ。

今日は、
視点を変えまして、黒いアイテムをご紹介させて頂きます。
染みや汚れではなく、普通にクリーニングをしまして、
その後、撥水加工をしたものです。
ちなみに二点とも、自分の(私の)ものです。

パフボールジャケットのプルオーバーです。
もう何年も(10年位?)着ているものです。




コップに入っている水を掛けてみました。


水、掛け過ぎた?


いや、水滴を払えば大丈夫ですよ。

こちらはダウンセーター。
今のデザインとは違う随分前のモデルです。(5年位は着用してると思います)
今年も売れているユニクロの薄手のダウンは、
これを参考にして作られたんじゃないんすかね。




同じようにコップの水を掛けてみました。




ダウンジャケットを斜めにすると水滴はおちます。


ダウンを持って、バサッ、バサッって水滴を払ってやりますと、
ご覧のとおり大丈夫ですよ。

先週の大雪の時、
雪おろしや雪の片づけで、
汗びっしょりになったので洗いました。
洗った後に撥水加工をしました。
当店でクリーニングしているものにも使っています。
撥水加工は永久加工ではありませんから、
洗った後は必ず再加工しています。

汚れたものは、
撥水加工が効かなくなるものが出てきますから、
汚れも落としておきたいですよね。
今着用されているアイテムの、
襟まわりや手首、ヒジの部分とか、
比較的擦れる箇所の撥水の効果はどうでしょうか?
水が滲みて来ているのなら、
洗った後に再加工を依頼されたらいいと思います。

また、ご自分で撥水加工をされる場合。
市販のスプレー缶の撥水剤を使われる場合は、
まずはキチンと洗って汚れを落としてから、
スプレーされたほうがよろしいと思います。
その後に、乾燥機やアイロン等で熱をかけてあげると効果的です。

「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」「リペア」の御相談承ります。
お気軽にお電話、メールにてお問い合わせ下さいませ。
染み抜きテスト、料金のお見積りは無料です。


宅配便での染み抜きクリーニングも承ります。

菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/

〒990-0401
山形県東村山郡中山町長崎4431
TEL  023(662)3058
メール kikuti.masasi@cream.plala.or.jp
営業時間AM8:00~PM8:00 日曜定休です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中