スラックス、肉汁の染み。

オンワード樫山っていうと、
自分的には最初に思い浮かぶのがJ.PRESSです。
今回お預かりした物もオンワード樫山って書いてありました。

でもお預かりした物にはJ.PRESSのタグはありませんでした。
こちらのお客様のワードローブ全部を知ってる訳ではありませんが、
沢山のJプレスのものをお持ちでございます。
ノータックのデザインのものでしたので、てっきりそうだと思ってしまいました。

オーダーされたものだと分かったのは、
ケアラベルを確認したときです。


このラベルの反対側には、
お客様の名前が記されておりました。

今回お持ちいただいたのは、
肉汁の染みが気になられていたからです。


両裾にポツポツとシミがあるのがお分かりでしょうか?




スーツも沢山お持ちで、
定期的なお手入れもされています。
洋服が好きな人は洋服を大切にされる方が多いのですが、
大抵は少しの染みでも気になる方が多いんです。
早めのお手入れは、洋服を長持ちさせる条件の一つだと思います。
今回も、シミをいじったりせずに、そのままの状態でお預かりしました。
染みを取りたい場合は、これも大事なことです。

一般的には、
「これは家でも洗えるんじゃないか」
なんて思う方も中にはいらっしゃるかもしれません。
でも無理だと思います。
たまに、家で洗って戻せなくなった方もご来店頂きますが、
お客様ご自身では、元通りに戻せなくなります。

「家庭ドライ」なる言葉があるそうですが、ドライクリーニングにあらず。
ドライクリーニングは水ではなく溶剤を使って洗うのがドライクリーニングです。
油の染み汚れには、
このクリーニング店で行うドライクリーニングは有効です。
では、「家庭ドライ」で洗った場合はどうでしょうか?
水洗いですので、多分油の染みは落とせないと思います。

今回の染みは、
ただドライクリーニングしただけで落ちたのかと言いますと、
少し違うんですね。
まず、染み抜きしてシミを落としてからクリーニングしております。
肉汁の染みは付いて時間が経ってしまいますと、
落ちにくいシミになります。

どんなシミでもそうなのですが、
早めにお持ちいただく事で染みの除去率は高くなります。
染みや汚れの無い状態をキープする。
それは長持ちするって事でもあります。
特にトラディショナルモデルは、多少の流行はあっても、不変なスタイルです。
大切なものほど、早めの対応がいいと思います。

ご用命を頂きまして有難うございました。
「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」「リペア」の御相談承ります。
お気軽にお電話、メールにてお問い合わせ下さいませ。
染み抜きテスト、料金のお見積りは無料です。


宅配便での染み抜きクリーニングも承ります。

菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/

〒990-0401
山形県東村山郡中山町長崎4431
TEL  023(662)3058
メール kikuti.masasi@cream.plala.or.jp
営業時間AM8:00~PM8:00 日曜定休です。
ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、上記まで御連絡下さいませ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中