ハーレーダビッドソン・スエードシャツ、退色(ヤケ)の修正

以前、山形市にあった、ジーパン屋さん。
私も良く行っていました。
ここのオーナーがハーレー乗りで、
お客さんもバイク好きな人が沢山集まるような店でした。
アメリカを愛し、リーバイスを愛するそんな男です。
オーナーはこの人。


ジーパン屋をやりながら、革細工もやっていました。
画像は私のウォレットコードの金具を修理してもらっているところです。
「誰作ったのか分からんが、随分頑丈に作ってあるな。直すの大変だぁ。」
なんて自分が作ったものを直しているところです。
今は、アメリカ製のリーバイスが無くなったので、
革の工房をやっています。
どうやら、以前とは違い、老眼鏡が必要になったようですが(笑)

随分昔の話ですが、
ここんちのGパン屋さんにたまたま私が居合わせた所に、
大きなバイクに乗った若者が現れました。
何でも高速でポルシェと競争してきた、って。
えらいことですな。

バイク乗りの事は詳しくないのでよく分からないのですが、
とにかく彼がバイクを乗ることが何よりも好きで、
スピード出す限界のようなものを体感するのが好きだったようです。
疲れ果てた様子で、店の中の大きなテーブルに上体を投げ出して
「ダメだ~、くたびっだ~(疲れた)」とダウンしてしまいました。

その時の彼の着ていたジャケットは、
よくアメリカンなバイカー達が来ている革のライダースでは無く、
何やらプロテクターのようなものが沢山付いていた
化繊のものだったと思います。

ハーレー乗りの人が、このGパン屋さんには沢山来ていて、
どこどこが壊れた、とよく言っていましたので、
「どうして、すぐに壊れるハーレーがいいのか?」
と聞いたた事があります。
「フェラーリでもポルシェでも、よく壊れるって言うべっす?
でも乗りたい人はそれでないとダメだって言わないがっす?」
むぅ。言われてみれば確かに。
そんな友達もいたような・・。
つまりはそういう事なのだそうです。

さて、今日ご紹介するのはスエードのシャツです。
さっき書いたハーレー乗りの人のものではありませんが、
ハーレーの革ジャケットです。


ケアラベルはこちら




背中の部分を中心にまだらに色が退色していました。
きっと、ヤケたんでしょうね。





私が不在の時に持ってきて頂いたようで、
帰宅してからお客様に電話をさせて頂きました。

ブログにも今回のような事例を出した記憶がなく、
電話で色々とお話しさせてもらっているうちに、
高校の格闘系部活の後輩、K君だと判明。
いつも、私のブログを見ていてくれているという、嬉しい事を言ってもらいました。
有難いっすね。後輩の鑑です。
職場の同僚の方も当店まで連れてきてくれたりして。
わざわざ来てくれたので染み抜きなんかも頑張ったりして。
今回は、納品まで結構時間も掛かってしまい、大変お待ち頂きました。
申し訳ないっす、K君。
でも、色の段差はかなり目立たなくなったと思います。
出来上がりも喜んで頂けたのかと思います。
わざわざのご利用、誠にありがとうございました。

ご用命を頂きまして有難うございました。
「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」「リペア」の御相談承ります。
お気軽にお電話、メールにてお問い合わせ下さいませ。
染み抜きテスト、料金のお見積りは無料です。


宅配便での染み抜きクリーニングも承ります。

菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/

〒990-0401
山形県東村山郡中山町長崎4431
TEL  023(662)3058
メール kikuti.masasi@cream.plala.or.jp
営業時間AM8:00~PM8:00 日曜定休です。
ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、上記まで御連絡下さいませ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中