TAKEO KIKUCHI合皮ジャケット袖口の染み汚れ、劣化。

どうも昨日はおかしな日でした。
いつもは来ない人が来たり、
会合に行ったら、予想もしないことが起こったり、
このぷららのブログが何時間も繋がらなかったり。

流石、“サービス品質ナンバーワンのぷらら”様。
復旧のめどや、悪かったとか、迷惑かけた、など、
ぷららのHPやブログのトップページなど、
どこを探しても一言も載っておりません。

きっと、色んな事、全ては、
日食のせいなんだろう、と思う事にいたしまして、
気を取り直して書く事にします。

さてさて、
今日ご紹介しますのは、
TAKEO KIKUCHIのメンズのジャケットです。
起毛していますが合皮です。

当然、劣化することを考えなければならないアイテムですが、
このお品物の他にも同じような素材、加工品のものでご相談頂く物も、
販売店から「劣化しますから、お気を付け下さいね」
なんていう説明がされる場合などございません。
そんな事言ったら、売れなくなってしまいますもんね。

でも、色んなもの、素材、デザインの物を作らないと売れない訳でして、
やはり、購入されるお客様も、
リスクを分かって購入されたほうが良いアイテムだと思います。




表地の起毛した部分の汚れは目立ちません。
多少、キズがありますが、
お客様にとっても、あまり気にならないような素材の質感です。
ただ、袖口の裏は布帛地ですので劣化はしませんが、
着用すれば汚れもします。
まずはこの部分をキレイにします。








背中の白い部分は、
起毛したような生地が取れてしまっていて、目立ちますから、
少し目立たないように致しました。





ポリウレタンコーティングのようなつるつるした加工のものも、
よくお預かりします。
買った時は何ともなく違和感なんて微塵もかんじませんが、
べとついたりしてくるはずです。
それは、素材の特性ですので、避けることはできません。
ただ、最近、中には、生地を製造した年の記載された物もございます。

初期のべたつきになったものであれば、
多少べたつきを抑えられる物、改善できるものもございます。
でも、その修正も永久的な修正ではありません。

売れるから作るのかと思いますが、
長持ちする素材ではありません。
購入されたら、ジャンジャン着用してください。
購入された方も、また、お手入れする立場のクリーニング屋も
本意ではありませんが、
「使い捨て」を考えねばならない素材のものです。
購入の際は高価なものであれば良くお考え頂きたく思います。

ご用命を頂きまして有難うございました。
「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」「リペア」の御相談承ります。
お気軽にお電話、メールにてお問い合わせ下さいませ。
染み抜きテスト、料金のお見積りは無料です。


宅配便での染み抜きクリーニングも承ります。

菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/

〒990-0401
山形県東村山郡中山町長崎4431
TEL  023(662)3058
メール kikuti.masasi@cream.plala.or.jp
営業時間AM8:00~PM8:00 日曜定休です。
ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、上記まで御連絡下さいませ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中