ジーンズの染み、家庭洗濯で取れない染みVol.3(theory)

レターパックって、便利ですよね。

ちなみに私が穿いているジーンズ位のサイズ、
(結構大きいサイズ)までならギリギリ入ります。
箱の形が不格好になりますけど。

上の画像は、実際に宅配のお客様から送って頂いたものでございます。
品物の補償はないものの、全国一律料金で、荷物の追跡ができ、
確か350円と500円があって、500は手渡しですから安心です。
私もオークションで送ってもらう時に、
Gパン、シャツはこれで送ってもらうことが多いです。
届かなかった経験がなく、個人的には意外に信用がある発送方法だと思います。

さて、お預かりしたジーンズは、
セオリー(theory)のダメージ加工のジーンズです。


ケアラベルはこちらになっています。


表示通りに洗う場合は、汚れ落ちが悪くなりますので、
まめに洗ってあげないとキレイな状態を維持できないと思います。
なので、頻繁に洗ってあげて下さいね。

カレーのシミ(嘔吐してしまった)と伺いました。
一度ご自分で洗濯なさった物を送って頂きました。



所々に沢山のシミがあって、
出来れば全体処理で洗浄作業をやりたかったのですが、
シミが落ちにくい事もあり、シミの部分を一か所ずつ抜いていくことに。
ダメージがあり、裏に補強はされているものの、
ワッシャーに入れて洗うとダメージの部分が心配ですので、
染み抜き後は原則手洗いです。
結果は画像にてご確認ください。












仕上げの時、ダメージ部分の裏に
縫い付けてある補修布を伸ばします。




ペンキのような物(黒いもの、白いもの)が付いている加工です。
黄色いシミよりは、定着が甘く、
そちらのほうが簡単にとれそうな感じでした。
ただ、普通に家庭洗濯で手洗いをされる場合は、
全部が簡単に取れると言う事はないと思います。

ジーンズのクリーニングや染み抜きをする場合の、
ざっくりとした感想なのですが、
どうしても、レディース物は生地が薄く出来ているものが多く、
更にストレッチ素材のものとか、
ダメージ加工の所を気を付けなければならない物が多いようです。

メンズのものは、リアルなダメージがある物も沢山あります。
実際に生地も痩せてきていて、性が抜けているものも多いです。
一般的に、ジーンズは「丈夫」なイメージですよね?
でも全部がそうとは限りません。
確かに丈夫なコンディションの物もありますが、
注意の必要があるものも少なくはないのです。

ご用命を頂きまして有難うございました。
「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」「リペア」の御相談承ります。
お気軽にお電話にてお問い合わせ下さいませ。
染み抜きテスト、料金のお見積りは無料です。


宅配便での染み抜きクリーニングも承ります。

初めて宅配便クリーニングをご利用される方、ご相談頂く方、
また、お急ぎの方はお電話でのご相談とさせて頂いております。
現在、メールでのご相談、ご依頼は、
当店の宅配便クリーニングをご利用頂いたことがある方のみとさせて頂いております。
何卒、宜しくお願い致します。

菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/

〒990-0401
山形県東村山郡中山町長崎4431
TEL  023(662)3058
営業時間AM8:00~PM8:00 日曜定休です。
ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、上記まで御連絡下さいませ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中