patagonia das parka(パタゴニア・ダスパーカ)インクの染み抜きクリーニング。

90年代から作られている、
パタゴニアの人気商品「DASパーカ」。
もう20年位?作り続けられているんでしょうか。
ブルー×パープル色の初期モデルから比べれば、
最近のものは中綿も薄くなってきています。
今回、お預かりしたのは、
比較的最近のモデルのダスパーカだと思います。


今回、お客様が気になられていたのは袖のインク染み。
染み抜き台にてインクの染みを染み抜きしました。




袖口。
汚れはあるのですが画像では分かりませんね。
想定内の汚れですし、あまり汚れはひどくなかったです。

アフターの画像はありませんが、キレイに致しました。

で、仕上がりです。



ダスパーカで一番多いお悩みは、
「黒ずみの染み汚れ」です。
今回のようなインクの染みって、あまりありません。
撥水加工が効かなくなったから、と言う場合もあります。

パタゴニアのアイテムは、
家庭洗濯が出来るものがほとんどですよね。
実際にそういったケアラベルが付いていますし。
ただ、実際にご自分で洗うとなると、中々できないんじゃないですか?
あまり汚れてないものを洗うのって抵抗があるし、なんて思われませんか?
撥水加工が取れるんじゃないか、って思います?
そう感じると思いますが、
汚れ過ぎて撥水加工が効かなくなる場合もあります。
パタゴニア社のカスタマーセンターの方からお聞きした話でも、
汚れが酷くならないうちに洗って、
キレイな状態を保つほうが良いともおっしゃっています。

着用頻度にもよりますが、
毎日のように着用した場合。
シーズンオフには必ず洗ったほうがいいです。
出来れば着なくなったな、って思われた時がいいと思います。
そのほうが汚れが落ち易いから。
洗って(クリーニングして)キレイな状態になったら、撥水加工を付ける。
これがいいと思います。
この状態にしておくことで、次のシーズンも快適に着用できます。

ダスパーカは、透湿性撥水加工ではありません。
現行ものですと耐久性撥水のデリュージDWRですね。
効かなくなったら撥水加工をつけてあげますと、
長いこと使えるアイテムだと思います。
初期のモデルのクリーニングを沢山洗わせて頂いてますから間違いありません。

「丈夫で、軽くて、暖かい」
よく、クリーニングされたものを「軽くなった」とお聞きする場合があります。
クリーニングの前後で重さを量っている訳ではないので、
詳しいことは分かりませんが、そう言っておられる方は何人かいらっしゃいます。
更に「キレイになる確率が高い」
これも重要なポイントです。
お客様のダスパーカを見て、そんなに良い物ならば、と思い、
自分も家族も持っています。
山形の冬にも十分すぎる位にそう思えるいいアイテムだと思います。

ご用命を頂きまして有難うございました。
「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」「リペア」の御相談承ります。
お気軽にお電話にてお問い合わせ下さいませ。
染み抜きテスト、料金のお見積りは無料です。

宅配便での染み抜きクリーニングも承りますが、
当座の間、お引き受けできないかと思います。

初めて宅配便クリーニングをご利用される方、ご相談頂く方、
また、お急ぎの方はお電話でのご相談とさせて頂いております。
現在、メールでのご相談はお時間を頂戴する場合がございますし、
当店の宅配便クリーニングをご利用頂いたことがある方のみとさせて頂いております。
何卒、宜しくお願い致します。

菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/

〒990-0401
山形県東村山郡中山町長崎4431
TEL  023(662)3058
営業時間AM8:00~PM8:00 日曜定休です。
ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、上記まで御連絡下さいませ。

広告

2件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中