コロンビア・フードジャケット、スレ汚れ、泥汚れ、油の染み、襟の染み。

「わっ、キレイになってる。」
そんな事を引き取りに来て頂いた時に、
お客様から言われますと、
(おっ、予想外にびっくりしてもらってるよ。ふふふ。)
なんて心の中で思う時がままあります。
更に、ニッコリ笑顔で言ってもらったら100点。

非常に恐縮しながらのご来店でした。
汚れ過ぎてしまった旨の事もお聞きしました。
通常の洗浄工程ではキレイにならない物は、
別途染み抜き料金を頂いていますので、
その旨の事も御預かり時にはご説明させて頂いております。

冬のアウターは、
「とにかく、撥水加工が効くように」とか、
「出来る限りでいいけど、キレイに」とか、
ご要望は様々ですけれど、
撥水加工が効くようにするには、
汚れを落とせるだけ落としたほうが、効き目が良くなりますし、
出来るだけと言われれば、可能な限りキレイにしたいと思うのが当店の考えです。

全員に驚いてもらって、なんて勿論いかないのですが、
ニヤニヤしてもらいたい、とか、
嬉しい、とか、良かったとか、ホッとしたとか、
そんな言葉を言ってもらうことで、こちらのテンションも上がります。
本日、ご紹介しますのは、そんな事例です。

裏がフリースになっているジャケットです。
フリース部分が黒ずんでいました。
コロンビアのジャケットです。




ちなみに洗濯表示はご覧の通りです。
中性洗剤での手洗いが可能です。
この表示なら家庭洗濯も全く問題ありません。


襟の表。アゴが当たる部分。




袖部分。




前部分。
〇で囲んだ箇所はオイルのような染み。
画像ではわかりにくいのですが、泥汚れのようなものも多数。




仕上がりです。


洗える(洗う事が可能)と、キレイに洗えるは「別」なんです。
家庭洗濯できるものは、
基本的に汚れが酷くならないうちに洗濯するのが良いと思います。
でないと、キレイになりません。
酷くなってしまってから、家庭洗濯の条件下では、
キレイにするのはクリーニング屋でもぶっちゃけ難しいです。
難しい、と言う感覚は、お客様にもあって、
だからこそ、ご来店の時に、
「出来るだけでいいのでキレイに。」という言葉を言われたのだと思います。

通常は使用頻度が高いものほど、マメに洗濯しませんか?
アンダーウエアはそうじゃありませんか?
よく、「汚れても、もったいなくない格好」といいますが、
特にこの雪国の冬場では汚れが付きやすい環境におかれます。
私の感覚では、そんな服は出番が多い服だと思います。
出番が多くなればなるほど、汚れたりするんじゃないでしょうか?
だから、そんなアイテムは年中洗濯すればいいんですよ。

家庭洗濯って、大きいものや嵩張るものは面倒ですか?
そんな感情があるのであれば、「頼んでしまう」方法があります。
灯油を買いに行くのが面倒なら、配達してもらうでしょう?
ご飯の支度が出来ない時には、出前を頼んだり、お惣菜を買ってきますでしょ?
洗濯が面倒なら、クリーニングに出せばいいと思うんです。
お客様のお住まいが、お近くであれば配達も承りますので。

ご用命を頂きまして有難うございました。
「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」「リペア」の御相談承ります。
お気軽にお電話にてお問い合わせ下さいませ。
染み抜きテスト、料金のお見積りは無料です。

宅配便での染み抜きクリーニングも承りますが、
アイテム等によってはお引き受けできない場合もあるかと思います。

初めて宅配便クリーニングをご利用される方、ご相談頂く方、
また、お急ぎの方はお電話でのご相談とさせて頂いております。
現在、メールでのご相談はお時間を頂戴する場合がございますし、
当店の宅配便クリーニングをご利用頂いたことがある方のみとさせて頂いております。
何卒、宜しくお願い致します。

菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/

〒990-0401
山形県東村山郡中山町長崎4431
TEL  023(662)3058
営業時間AM8:00~PM8:00 日曜定休です。
ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、上記まで御連絡下さいませ。

広告