インクのしみ抜き

家庭洗濯では取れないインク染み。(制服に付いたインクの染み)

今日ご紹介しますのは、

家庭洗濯で、誤ってボールペンを入れたままで

洗濯してしまった、という事例です。

インクがたっぷり付いてしまった、

消防士さんの制服?訓練服?の染み抜きです。

まずはご覧くださいね。

 

ビフォーはこちら。

胸ポケット部分解りやすい所に二か所。

目立ちます。

IMG_8757(3)

染み抜き洗浄後、アフターはこちら。

IMG_8780(3)

作業の工程を画像を見て頂きながら説明します。

(色目が違いますが同じアイテムです)

 

染み抜き台に胸ポケットの染みの部分をセットして、

薬剤を染みの部分に塗っていきます。

台とシミになっている部分の間には、

ティッシュやキッチンペーパーを挟むと・・、

インク1

薬剤を馴染ませていきますと、

段々とインクが溶け出してきます。

インク2

 

この作業は一回限りではなく、

何回も繰り返し、紙に写し取ります。

今回のものは10回以上はくり返しましたでしょうか。

ほぼインクの色が出なくなるまでです。

 

インク3

最初の薬剤とは別の薬剤にて、

薄く残った所の染みを抜いて行きますと」・・、

 

インク5

良いと思います。

お客様からもキレイになった、と。

 

インクの染み抜きをしてくれる所は、全国的には沢山あるはずです。

ただ、どこのクリーニング屋に行けばいいのかが分からない。

クリーニング屋では、染み抜きを受け付けているのですが、

どこまでやってくれるのかがよく分からないのかと思います。

 

染み抜きの事例と 比べるには、

多少無理があると思うのですが、

人気ラーメン店と家庭で作るラーメン。

どちらも同じような麺を使い、同じような汁も麺も入っていますが、

味はどうでしょうか?

 

たまには家庭で作ったほうが

旨いと感じる場合もあるかもしれませんね。

好みがありますから。

でも、大抵は人気のラーメン店のほうがおいしく感じられると思います。

 

同じようなスープを作ろうとしても、

同じスープが出来る事はまずありません。

厳密に言えば、食材から手間の掛かりようから、

麺から、全部が違うと思います。

以前テレビでスープを作る修行しているのを見ましたが、

同業のラーメン屋さんでも、様々なコツや特徴があって、

同じように美味しく作るってのは至難の業なのかと思います。

 

ラーメンもクリーニング屋の染み抜きも、

使う材料も(薬剤も)、調理方法も(染み抜き手法も)

各お店ごと違うんじゃないっすかね。

是非、お客様のご要望に応えられるような店を探してみて下さい。

当店もまだまだ精進して参りたいと思います。

 

ご用命を頂きまして有難うございました。

 

「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」「リペア」の御相談承ります。

お気軽にお電話にてお問い合わせ下さいませ。

染み抜きテスト、料金のお見積りは無料です。

宅配便での染み抜きクリーニングも承りますが、

当座の間、アイテムによってはお引き受けできない場合もあるかと思います。

初めて宅配便クリーニングをご利用される方、ご相談頂く方、

また、お急ぎの方はお電話でのご相談とさせて頂いております。

現在、メールでのご相談はお時間を頂戴する場合がございますし、

当店の宅配便クリーニングをご利用頂いたことがある方のみとさせて頂いております。

何卒、宜しくお願い致します。

 

菊地クリーニング  ホームページ

http://www9.plala.or.jp/kclean/

〒990-0401
山形県東村山郡中山町長崎4431
TEL  023(662)3058

営業時間AM8:00~PM8:00 日曜定休です。

※ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。

エディー・バウアーダウンジャケットの染み抜きクリーニング。スカイライナー、黒タグ。

今日は「暑い」と感じるような山形でした。

「短パン」ということもちらちらと頭に浮かびました。

明日からというか、今週は天気も続くようでして、

正に初夏、って感じになってまいりました。
さて、

私のこのぷららのブログですが、

6月で完全閉鎖、というお知らせを、ぷららさんより貰いました。

ぷららのブログの記事は、どちら様の物も、

全部無くなる(存在しなくなる)事になったようでございます。

ですので、

どこかのブログに引っ越しする事になります。

まだ、はっきり決まった訳ではありませんが、

詳しい事が決まり次第、皆様にお知らせいたしますので、

どうぞ、引き続き宜しくお願いいたします。
さて、本日ご紹介しますのは、

エディー・バウアー(Eddie Bauer)のダウンジャケットです。

スカイライナーと言うモデルだと思います。

タグの色は黒です。


袖の部分も全体的にも黒ずみやスレ汚れが付いていました。


一番目立っていたのが脇の部分のインクの染みです。

インクの染みはだいぶ目立たなくなりました。
古着が好きな、いつもご利用頂くお客様のお品物です。

いつも言って頂く言葉は、

「出来る限り、キレイになればいいんです。」ってこと。

一番のご希望は、「気に入ったアイテムを着る」って事。

着られなくなるのは困るって事です。

他にお預かりするアイテムもそうなのですが、

やっと探したとか、ようやく出会えた、とか、

そういう類の物なのです。
「ダメ元で」とか、

「どうしても」とかそういう言葉は出てきません。

古着のアイテムは、生地の脆化や変退色した物も多いです。

だから、品物の状態を探りつつ見極めながら、

テストしながらの作業も必要になります。
あるお客様から言われた事があるのですが、

「出来る限りキレイになればOKなんですよ。

本当にキレイな状態の物、完品が欲しかったら、

『復刻物・レプリカ物』を買いますから。

汚れやダメージもアジになってるのが古着じゃないんですかね。」

と言われた事があります。

なるほど、私もそう思うんですよね。
今回、一番の手間の掛かる染みはインクのシミです。

染み抜きをはじめますと、

考えられない位にインクは沢山出てきます。

ペーパータオル一巻分、インクを移し取りましたが、

その量が移し取られてもまだまだ出てきます。

中綿のダウンにも染み込んでいる模様です。
インクの染み抜きは、手間がかかります。

クリーニングや染みぬきは手間賃を頂くというものです。

ですから、テストやシミの状態を拝見してから、

料金はお知らせする事になります。

よく、電話で大体いくら染み抜きに掛かるのか、とご相談を頂くのですが、

どんなアイテムでも、

状態を見ずしてお見積りする事は困難です。

ご予算をお聞きする場合もございます。

明確なご予算がある場合は、教えて頂きたいところです。

そのほうが、出来る事がハッキリする場合があるからです。

ブログの画像では簡単にキレイになりそうなのかもしれませんが、

それ相当に手間暇は掛かるものは多いのです。
ご用命を頂きまして有難うございました。

「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」「リペア」の御相談承ります。

お気軽にお電話にてお問い合わせ下さいませ。

染み抜きテスト、料金のお見積りは無料です。
宅配便での染み抜きクリーニングも承りますが、

アイテム等によってはお引き受けできない場合もあるかと思います。
初めて宅配便クリーニングをご利用される方、ご相談頂く方、

また、お急ぎの方はお電話でのご相談とさせて頂いております。

現在、メールでのご相談はお時間を頂戴する場合がございますし、

当店の宅配便クリーニングをご利用頂いたことがある方のみとさせて頂いております。

何卒、宜しくお願い致します。

菊地クリーニング  ホームページ

http://www9.plala.or.jp/kclean/
〒990-0401
山形県東村山郡中山町長崎4431

TEL  023(662)3058

営業時間AM8:00~PM8:00 日曜定休です。

ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。

掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、上記まで御連絡下さいませ。

ポロシャツに付いたインクの染み。

本日ご紹介するのはこちら。


山形の秋の風物詩、と言えば芋煮会です。
私の住む中山町。実は芋煮発祥の地、って言われているんですよ。
そんなわけで、毎年、このイベントが開催されるのであります。
詳細はこちら→「元祖芋煮会in中山」
宣伝を兼ねたクールビス、って事なんでしょうけど、
町役場はじめ、様々な職場で、このポロシャツを着ておられる方が沢山いらっしゃいます。
結構、目立ちますよね?

首からネームプレートを下げておられる方がほとんどなのですが、
仕事で使うボールペンはどこに、って事になりますと、
このポロシャツにはポケットがありません。
さてどこに?
お聞きした所、ネームプレートを下げている紐に、って事らしいです。
で、お腹部分に黒いインクが付いてしまった、とご来店下さいました。





以前にも、インクの染み抜きをご依頼頂いていて、
インクの染みは落ちるもの、と思われていらっしゃいました。
ボールペンのインクと言いましても様々ある訳です。
油性のインク、水性のインク、ゲルのインク等。
同じ「インクの染み」ですが、
落ち易い染みと、落ちにくい染みがあります。

「どんな種類のインクですかね?」
とインクの染みの場合、一応お聞きします。
でも、インクの染み抜きをご依頼下さるお客様は、
「何だろう?分かりません」と言う場合が多いんです。

このブログでも何回か書いていると思われるんですけど、
おススメしているのは「油性インクのボールペン」です。
これが一番染み抜きで取れやすいんです。

水性インクとゲルインクは、
書きやすさは油性よりも良いのは、私もそう思うんですね。
でも、インクのシミになりますと、俄然、取れにくい染みに変わってきます。
場合によってはキレイにならない物も出てきます。

染みが気になるのであれば、
出来れば油性インクをお使い下さい。
水性やゲルインクのシミが付いた場合、
家庭洗濯などせずに、何もせずにお持ち下さい。
洗濯をされたり、染み抜きを試みられたりしますと取れにくいシミになってしまいます。
そのほうがキレイに出来ると思います。

ご用命を頂きまして有難うございました。
「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」「リペア」の御相談承ります。
お気軽にお電話にてお問い合わせ下さいませ。
染み抜きテスト、料金のお見積りは無料です。

宅配便での染み抜きクリーニングも承りますが、
アイテム等によってはお引き受けできない場合もあるかと思います。

初めて宅配便クリーニングをご利用される方、ご相談頂く方、
また、お急ぎの方はお電話でのご相談とさせて頂いております。
現在、メールでのご相談はお時間を頂戴する場合がございますし、
当店の宅配便クリーニングをご利用頂いたことがある方のみとさせて頂いております。
何卒、宜しくお願い致します。

菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/

〒990-0401
山形県東村山郡中山町長崎4431
TEL  023(662)3058
営業時間AM8:00~PM8:00 日曜定休です。
ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、上記まで御連絡下さいませ。