ウエット(水洗い)出来ないもの

N-1 デッキジャケットのお手入れクリーニング、撥水加工(洗えない表示,綿、アルパカモヘア・ウールパイル,プリント,東洋,バズリクソンズ)

ブレーキアシスト付きのクルマは、

付いていないクルマよりも、こんなに事故になりにくい。

なんてCMありませんでした?

なんかどっかで見たよな見ないような。。

洗濯機も洗うと色が出たり縮んだりする物を入れると

ブザーとかで知らせてくれる機能が付いたものがあれば、

きっとそこそこ売れるでしょう。

私もそんなのあったら購入します。

 

お預かりしましたのは東洋のN-1ジャケットです。

まずは仕上がりからご覧下さい。

IMG_3628

IMG_3631

問題なく洗い上がりました。

お客様からは、

「ワンシーズン着たので、クリーニングをしたい」

そして、

「気持ち良く、次ぎのシーズンに着用したい」とお聞きしました。

更に、

「ジャストサイズで購入したので、そのままのサイズでの仕上がりに」

クリーニングしたことで、縮んだりすると着用が出来なくなる。

そういう事だったんです。

IMG_3615

前身頃の裏も背中も袖裏もウールで暖かそうですね。

IMG_3618

一見、簡単そうですが、非常に難しいご要望だと思いました。

 

洗濯表示がこちらです。

IMG_3623

IMG_3624

ドライクリーニングもウエットクリーニングでも洗えない表示です。

通常はクリーニング屋に依頼されても、

多分、お断りされるアイテムです。

 

裏地のウールを変化なく洗うには、ドライクリーニングが相応しいのですが、

背中のプリントは、少なからず剥がれが出そうです。

あまり強度はない感じです。

“アルパカモヘア・ウールパイル”と言う裏のボアは、

獣毛(モヘア、アルパカ)が半分入っています。

その洗い上がり後の肌触りなんかも

良くなるように考慮したいな、なんて考えながら仕事を進めました。

 

メジャーで採寸して、までとは行かなくとも、

縫い目や生地をよく見ながら仕上げました。

 

今回のポイントとしては・・、

・バックのプリントがダメージになる可能性を理解して頂いた。

今回、ダメージなく洗い上がりましたが、

プリントはいつかは取れてきます。

永久じゃないって事です。

・縮まないように細心の注意を払い洗浄するが、

ボアの変化が出る可能性がある事。

タダ単に、サラサラふわふわした感じのボアではないので、

仕上がりの部分は私にお任せ頂きました。

 

クリーニング屋にとっては、

リスキーな物には手を出さない、受け取らない事で、

クレームにはなりません。

いくら良かれと思い受け取っても、

微妙な変化がある、なんて言われてしまいますと、

折角の気をつけてやったメンテナンスも

やる意味は無くなります。

どっちも、幸せじゃなくなるって事になってしまいます。

 

丈夫で長持ちするアイテムって、

他に沢山あるはずです。

クリーニング屋でも家庭洗濯でも、

変化無く洗濯出来る物なんて沢山あるはず。

 

昔の物を復刻する、って事は、

生地も現代の物とは違い、変化の出やすいものにするって事です。

日本の得意とする分野です。

だから、そういう変化が出ることもよく理解された上で、

お買い求め下さいね。

どこのクリーニング屋でも、リスクのあること、ある物は、

喜んでお引き受けなどできない事も、少しご理解頂きたいのです。

 

どうしても、って時は、電話でご相談下さい。

全部が全部、お引き受けできることはありませんが、

上記のように、リスクをご説明させて頂き、

ご納得を頂ける場合は、お役にたてる事があるかもしれません。

ご用命を頂きまして、ありがとうございました。

 

「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」「リペア」の御相談承ります。

お気軽にお電話にてお問い合わせ下さいませ。

※電話でも、メールでも匿名のものにはお答え出来かねます※

染み抜きテスト、料金のお見積りは無料です。

宅配便での染み抜きクリーニングも承りますが、

アイテム等によってはお引き受けできない場合もあるかと思います。

初めて宅配便クリーニングをご利用される方、ご相談頂く方、

また、お急ぎの方はお電話でのご相談とさせて頂いております。

現在、メールでのご相談はお時間を頂戴する場合がございますし、

当店の宅配便クリーニングをご利用頂いたことがある方のみとさせて頂いております。

何卒、宜しくお願い致します。

菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/

メールアドレスはこちらです。→ kikuti.masasi@cream.plala.or.jp

〒990-0401
山形県東村山郡中山町長崎4431
TEL  023(662)3058
営業時間AM8:00~PM8:00 日曜定休です。

ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、上記まで御連絡下さいませ。

広告

東洋スカジャン、汗のシミ、輪どりのシミ、黄ばみの染み抜き。(リバーシブル,TAILOR TOYO)

①家庭洗濯で何とかしたい。

(通常の感情だと思います)

②クリーニングに出すまでもない。

(自分の判断で何となくそう思う)

③クリーニングに出してもキレイにならないから自分でやってみたい。

(染み抜きを頼んでも落ちてこない事が多いと感じる)

 

ケアラベル(洗濯表示)で水洗いが出来ない洋服を、

家庭洗濯される方がとても増えました。

問い合わせ頂く時も、

「自宅の洗濯機でドライクリーニングしました。」

なんて良く聞いたりしますが、

残念ながら溶剤を使った洗濯方法の「ドライクリーニング」を、

家庭洗濯でおこなう、と言うことはできません。→ここ参照下さいね。

「水」で洗う、のと、「石油系の溶剤」で洗う。

もはや、全然違いますでしょ?

合わない例えとして使われている、水と油。

どちらの洗浄方法も、向き不向きがあります。

 

油性や不溶性のものを良く取ってくれるのが「ドライ石油系の溶剤」で

水溶性のものをよく取ってくれるのは「水洗い」です。

シミや汚れで取れないもの、取れにくいものの代表なのが、

黒ずみ(不溶性)や、黄変(酸化しての黄ばみ)です。

その表面は、油性の染み汚れでコーティングされているものがほとんど。

何が付いたか分からない、原因不明のシミの場合は、

まずは油性の処理から行います。

この油性のものを取る、ってことが家庭洗濯ではハードルが高いのです。

だから、落ちないんですよ。

クリーニング屋と家庭洗濯の一番の違いはココなんすよね。

 

クリーニング屋では、

ドライクリーニング表示の物をお預かりするとドライクリーニングします。

特別、シミ抜きとか依頼されない場合は、

そのままプレス仕上げなどされて、お返しする事になります。

 

もし、食べこぼしなど、シミが落ち無かったものがあった場合、

家庭洗濯でもう一回洗ったらキレイになった、なんて物は、

表面の油性のコーティングがドライクリーニングで取れたので、

シミが落ちやすくなったと考えられるのです。

けっして、クリーニング屋の洗浄方法だけが悪いって事ばかりではありません。

 

さて、本日ご紹介するものは、

TAILOR東洋のスカジャンです。

ケアラベル(洗濯表示)はこちらです。

IMG_1675

ドライクリーニングのみの表示です。

お客様が着用されたときに汗になった物です。

で、表示では、ドライクリーニングなので、

全体を洗わずにお客様が汗になった部分を

部分的に洗われた、とお聞きしました。

結果、全体的にムラムラのシミになってしまって

当店までご相談頂きました。

 

白い袖の部分もムラになっていますが、

ピンク部分が輪取りのシミになっているのが分かるでしょうか?

IMG_1654

IMG_1847

 

袖(白い部分)に輪取りのシミ①

IMG_1663

IMG_1854

 

袖(白い部分)に輪取りのシミ②。

IMG_1669

IMG_1871

 

スカジャンはリバーシブルなので裏にも。

どちらが表なのかは着る人が決めるのでしょうが。。

IMG_1677

IMG_1876

茶色の部分の脇の下辺り。

IMG_1682

IMG_1890

 

IMG_1685

IMG_1894

仕上がり。

IMG_2108

スカジャンが全然汚れていないように見えるので

部分洗いで洗われたのだと思います。

部分的に洗っても全然OKだと思われたはず。

でも、汚れていないようにみえたり感じられたりしても、

洋服って着用すれば汚れるんですよ。

と言うのが結論です。

 

リバーシブルなので、着用される方は、

「一粒で二度おいしい」感がでますが、

シミを取る場合は、作業量は二倍になります。

クリーニング業は手間を頂いておりますので、

手間が掛かった分、それなりになります。

 

スカジャンは、お問い合わせも頂きますし、

お預かりもしていますが、ブログでのご紹介は少ないかと思います。

ネットには出さないでと言う方もいらっしゃいますし。

・シルク素材(今回はアセテート)など、光沢があり素材の変化が予想され、リスクがあること。

・シミを抜く箇所が多い場合それなりに料金になること。

・ヴィンテージ品など、ほぼ一点物となっていて、

生地もやせてきていてシミ抜き作業ができにくい状態になっているものが多いこと。

等々。

とにかくクリーニングに、ましてや家庭洗濯には向かないアイテムが沢山あります。

シミ抜きとクリーニングを一気にやってしまう、

と言う事には不向きな場合が少なくなくて、

納期もそれなりに頂いております。

 

お客様が「きれいになるか」と聞いてくるのは当然かと思います。

キレイにならないのにクリーニング屋には頼みたくないのです。

でも、実際に作業をしてみないと、

どの程度キレイにできるかは分からない物がほとんどなんです。

今回、お預かりしたスカジャン。

キレイになったと思います。

出張中だったので、メール遅れて申し訳ありません。 
スカジャン見ましたが素晴らしい出来に感心致しました。
やはり、菊地さんにお願いして良かったです。
時々しか依頼しないと思いますが、これからもお願いします。
ありがとうございました。

遠方よりご依頼頂きまして誠に有難うございます。

何かお困りの事がありましたら、

またご連絡を頂ければ幸いです。

 

ご用命を頂きまして、ありがとうございました。

 

「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」「リペア」の御相談承ります。

お気軽にお電話にてお問い合わせ下さいませ。

※電話でも、メールでも匿名のものにはお答え出来かねます※

染み抜きテスト、料金のお見積りは無料です。

宅配便での染み抜きクリーニングも承りますが、

アイテム等によってはお引き受けできない場合もあるかと思います。

初めて宅配便クリーニングをご利用される方、ご相談頂く方、

また、お急ぎの方はお電話でのご相談とさせて頂いております。

現在、メールでのご相談はお時間を頂戴する場合がございますし、

当店の宅配便クリーニングをご利用頂いたことがある方のみとさせて頂いております。

何卒、宜しくお願い致します。

菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/

メールアドレスはこちらです。→ kikuti.masasi@cream.plala.or.jp

〒990-0401
山形県東村山郡中山町長崎4431
TEL  023(662)3058
営業時間AM8:00~PM8:00 日曜定休です。

ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、上記まで御連絡下さいませ。

「手洗い」表示でも手洗いできない。

このブログでも、お気軽にご相談下さい、
と書いておりますので、色んなご相談を頂きます。
今日ご紹介するのは、家庭洗濯とクリーニングのトラブルです。

まずは家庭洗濯の事例。
某有名セレクトショップが輸入販売した、ニットのコートです。
手洗い表示があったので、中性洗剤で手洗いで洗ってみたそうです。

そうしたら、トグルが付いている革のループ部分から、
革の色がニット部分に色移りしてしまったものです。

お品物はインポート製品でしたが、日本語のケアラベルも付いていて、
洗濯表示はドライクリーニングと手洗いができる表示です。
これを染み抜きする場合、革のストラップからまた色が出ますので外す事になります。
外せば染み抜き後にまた付ける事に。
染み抜きも簡単に落ちるシミではありませんでしたので、それなりの料金になってしまいます。
色々とお客様からお話を伺うと、
「こんな状態になるのなら、ケアラベルにそう書いて欲しかった、
最初からクリーニングに依頼した」、とおっしゃっていました。
おっしゃる通りです。
こちらのお客様には、
「お買い上げになったショップに、今回の事をありのまま言ってみられたらどうですか?」
と申し上げました。
その後、ご連絡頂きまして、
「同じ物と交換してもらえる事になりました」という事でした。
流石、有名なショップです。
染み抜き作業はできなくて残念でしたが、お客様は喜んでおられました。
同業者の皆さんは、お気を付け下さいね。

こちらは、シルク100%のダウンジャケット。
ブルーフォックスの毛皮が付いたもの。
フードを外してクリーニングを依頼されたので、
フードと身頃の色が違うのがわかるでしょうか?

実はこちら、大手クリーニング店に依頼され、水洗いされたものです。
洗濯表示は30℃の手洗い表示のみOK。ドライクリーニングは×。
この場合はどうでしょう?
当店では水洗いをしたでしょうか。
シルク100%のものを水洗いした場合、ダメージになるのは予想できます。
お品物を良く拝見しましたが、ドライクリーニングできない訳では無かったと思います。
もし、水洗いをする場合でも、
お客様には、それ相当のリスクの説明が必要で、
了解してもらわなければ、お受けできないアイテムだと思います。
フードなどの付属品も一緒でなければ、
今回のように風合いも全く違ったものになってしまいます。
今回のお品物は、「クリーニング屋としてどう思うか?」
とアパレル関係の方より聞かれたものです。
生地の風合いも違ってますし、
依頼されたクリーニング店でどのような「手洗い」をされたのかもわかりません。
アパレルの方は、「クリーニング店の責任」とおっしゃってました。
それも一理あるとは思います。
でも、洗濯表示を付けたほうでは、本当に実際に洗濯試験をされたのでしょうか?

今回の事例は、どちらも「他人様」が洗って起きてしまった事です。
ただ、どちらの事例も、明日は我が身かもしれません。

ケアラベルどおりにクリーニングをするのが普通ではありますが、
その結果がダメになるのであれば、意味がありません。
クリーニングの技術も勿論ですが、
品物を見極めることも重要ですし、それに合わせたお手入れをしなければいけないですね。
こういったアイテムは沢山流通しているのだと思いますし、
どうしても責任のなすり合いになりがちです。
三方よし、ではなく、みんな気まずい思いになってしまいます。

どちらのお品物も、
水洗い表示なのに、水洗いができない。

そんな事でもいいのでしょうかね?
クリーニング屋もお客様も、失敗したくて洗っている人などいません。
クリーニング屋もそれに対応する術を持つことも必要です。
また、製造する側も、もう少しお手入れができるレベルの物を提供してもらえたら、と思います。
いずれに致しましても、今回は、良い勉強になりました。

ご用命を頂きまして有難うございました。
「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」「リペア」の御相談承ります。
お気軽にお電話、メールにてお問い合わせ下さいませ。
お見積りは無料です。


菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/
家庭洗濯を応援する
「染み抜きブラザーズのブログClean&Easy」 
http://ameblo.jp/simibura/
TEL  023(662)3058
メール kikuti.masasi@cream.plala.or.jp
ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、下記まで御連絡下さいませ。