ケチャップのしみ

家庭洗濯では落ちない油の入ったケチャップのシミ。

高校を出てすぐに就職をした会社の方々に、
今も仕事でお世話になっています。
いつも当店をご利用下さる当時の先輩方は、
「菊地君」なんて言わずに、今でも「菊地」と呼び捨てです。
勤務したのは三年間という短い期間でしたが、
当時の上司ですので、私としては全くそんな事は気になりません。

当時、大変お世話になった社長は亡くなられてしまいましたが、
前社長の奥様、ご長男である現社長、
そして前社長の母上様の当時の会長も、
ご高齢ですがご健在で、今でもお世話になっています。

当時の上司の先輩は、
「シミついてるけど気にするな。
もし、取れるのであれば、シミは取って来てもいいけどね。」
なんて事をよく言います。
そして続く言葉は、
「染み抜き料金が掛るのならシミは残してくれ」なんていう始末。
そのままで穿けるんですか?
洋服売りの人間がそんなもんでよろしいのか?
なんてこちらも応戦します。
「お前の染み抜き、高いべ。なんぼ掛かるのか分らんし」
なんて事も言いますねぇ。
そこで、私は
「染み抜き代金は、いらないですよ。
ただ、クリーニング料金が昨日から上がりました。」
なんて言います。
いつものお決まりの言葉なんですが(笑)
結局、染み抜き料金も頂くシステムです。

さて、ムリには取らなくていいシミが付いたズボン。
説明どおりに昨日からクリーニング料金が変わった事をお知らせしまして
お預かりです。
(本当は変わっておりません)
染み抜き料金を頂くからにはキレイにしてお渡しします。


油っぽいケチャップのシミ。





スソにも油染み。





お客様である先輩も、
自分で何とかして洗えば、
キレイになるなんて全く思っていないと思います。
だから、あえて何もしないでお任せ頂けるのかと思います。
店にご来店頂くお客様には言わないのですが、
勝手知ったる先輩にはこんな事もいいますよ。
「自分でいじった染みは、なんぼかかるかなんて分らない。」
「新しいのが買える位の値段になるかもしれない」
これは先輩たちは冗談として受け取ってくれていると思います。

でも、広範囲の染みや、本当に手間隙が掛るものなら、
その位になるいものだって無い事はありませんけど。

ご用命を頂きまして有難うございました。
「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」「リペア」の御相談承ります。
お気軽にお電話、メールにてお問い合わせ下さいませ。
お見積りは無料です。


宅配便での染み抜きクリーニングも承ります。

菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/

〒990-0401
山形県東村山郡中山町長崎4431
TEL  023(662)3058
メール kikuti.masasi@cream.plala.or.jp
営業時間AM8:00~PM8:00 日曜定休です。
ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、上記まで御連絡下さいませ。

派手に付いてしまったケチャップの染み

子供も大人もケチャップ大好き!
私も好きですよ。
いくら好きでも、ケチャップだけをそのまま食べる人って
少ないのではないでしょうか?
いたとしても極少数ではないですかね。
ケチャップって、
揚げものや油ものに付けたり混ぜたりして使いませんか?

ご家庭でケチャップの染みを落とすのは大変かもしれません。
クリーニング屋でもドライクリーニングだけで
キレイにしようとすると結構難儀です。
ドライクリーニングで油汚れは落ちても、
ケチャップの染みは残ってしまうと思います。
シミが落ちないまま、乾燥機に入れて乾燥しますと、
かなり落ちづらいシミに変ってきます。

また、今回のような場合、
最初から水洗いする場合には、
まずは油分をとりませんとケチャップの染みは取れません。
油分を含んだケチャップの染みは、
「染みを取る段取り」をしないと取れないシミだと思います。
ジャンパーに派手にシミが付いています。



染み抜きを何回かお願いして、
何回も「落ちませんでしたシール」を貼られてきたクリーニング屋では、
多分、またそれが貼り付けられて返ってくる可能性は高いかもしれません。
染み抜きを依頼される場合は、
染み抜きが得意なクリーニング屋にご依頼下さい。

何もせずにお持ち下されば、
キレイにできると思います。

ご用命を頂きまして有難うございました。
「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」「リペア」の御相談承ります。
お気軽にお電話、メールにてお問い合わせ下さいませ。
お見積りは無料です。


菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/
家庭洗濯を応援する
「染み抜きブラザーズのブログClean&Easy」 
http://ameblo.jp/simibura/
TEL  023(662)3058
メール kikuti.masasi@cream.plala.or.jp
ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、下記まで御連絡下さいませ。

カウチンベスト ケチャップの染み抜き

お子様のカウチンベストです。
お召し上がりのものは、よく分かりませんが
ケチャップが付いたものであることは
良く分かります。

ケチャップのシミは
「油を含んだ染み」という認識です。
油で調理されたものに使われるからです。
ご家庭での洗濯では染みが残ってしまうものが多いかも知れません。
台所用の「油分が取れる洗剤」(中性であれば可)を
シミの部分につけてから洗われると
落としやすいかもしれませんね。
カウチンセーターの由来ははカナダのカウチン族が
脱脂してない毛糸を手編みして着用していたもの。
毛糸が油分を含んでいるため、多少の雪や雨も平気で
アウターとしても着用されていた・・。
セーターの模様は「狩猟文化」を反映した動物等の柄と
「幾何学的」なデザインを組み合わせたものが多い。
クリーニングは
ドライクリーニングは油分が取れるので
水洗いの手洗いが望ましい。
なんて事が
色んなものに書いてあります。
が、
このベストのラベルには
手洗いもOK、
「ドライクリーニングもできます」とあります。
カナダ製で
柄もそのようなものではありますが
毛糸自体は、脱脂してない独特の毛糸のニオイはありません。
前しみ抜きで、しみを取ってから
ウエット(水洗い)しました。
       ↓

洗い上がりです。
キレイになりました。
同じデザインの赤いベストもお預かりしました。

寒い季節ですが
このベストを着て「ガンガン」遊んでくださいね。
そして、「ジャンジャン」汚して下さい。
洗濯屋のオヤジが「ドンドン」洗いますから。
ご用命を頂きまして有難うございました。
「なかなか取れないシミ」「黄ばんだシミ」
御相談承ります。
お見積りは無料です。

菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/

ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、下記まで御連絡下さいませ。
kikuti.masasi@cream.plala.or.jp