チョコレートの染み

パーティードレスは着たら洗いましょう。

天気どうなんすかね?
今日は晴れるんすか?
クリーニング屋としては、晴れた日が続いたほうが絶対いいのです。
この季節に、グンと気温が上がりますと、
お客様の意識として冬物を片づけたくなります。
クリーニング屋もいいのですが、お客様にとってはもっといいのです。

寒い日が続きますと、
「これはまだ着るかもしれない」と言う感覚になります。
そういった感情は分らなくはありません。
しかし、どうしても冬物をそのまま仕舞ってしまう事ってありませんか?
その行為がまずいのです。

この春も、虫食いの被害にあったものを、
沢山補修させて頂きました。
この、虫食いの補修件数は、年々増えています。
特に、カシミヤやアンゴラ等の高級素材は虫の餌食になる物が多いです。
天気のいい日は、
衣類の入れ替えには絶好の日だと思います。
お気に入りの物、大切なアイテムには「防虫加工」も合わせておススメですよ。

さて、
この季節は結婚式も多いと思います。
私が結婚した二十数年前までは、
花嫁の友人は振り袖で参加される人も多かったのかと思います。
しかし最近はドレスが圧倒的に多いのではないでしょうかね。
ドレスのクリーニングは、よくお預かりしますし、
宅配便でのご依頼もございます。

まずは、かわいいお子さんのドレス。


胸元には食べこぼしの染み。




良くなりました。


こちらは、大人のドレス。


チョコレートフォンデュが付いた、とおっしゃったような。
こんな感じのモノすっかね。




リボンにも付いていました。




仕上がりです。


昨日のブログでも申し上げましたが、
着たら適切なクリーニング方法を、クリーニング屋さんと相談して、
洗ってから仕舞って下さい。
汗になったら汗抜きをご指定下さい。
染みになったら、早めに染み抜きをご指定下さい。
洋服は、
着たまま何もせずに仕舞う事は、
トラブルになる事はあっても、良いことはありません。

でも、トラブルになってしまった場合。
なるべく早めにご相談下さい。
何とか修正すべく、がんばりますから。

ご用命を頂きまして有難うございました。
「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」「リペア」の御相談承ります。
お気軽にお電話、メールにてお問い合わせ下さいませ。
お見積りは無料です。


宅配便での染み抜きクリーニングも承ります。

菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/

〒990-0401
山形県東村山郡中山町長崎4431
TEL  023(662)3058
メール kikuti.masasi@cream.plala.or.jp
営業時間AM8:00~PM8:00 日曜定休です。
ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、上記まで御連絡下さいませ。

広告

シャツに付いたチョコレートの染み

ゴールデンウイークで、帰省したはずの長男は、
家に帰る前に、もう出掛けまして、家にはおりません(笑)
若いからこそできる事は、若いうちに、
何でもやっておいたほうがよろしゅうございますね。

先月がとんでもない寒さで、こんな年もあるのか、なんて思っておりましたが、
このゴールデンウイークは暖かくなって春らしくなるようです。

皆さんがお休みの時に、忙しくなるのがクリーニング屋です。
明日の日曜はお休みしますが、
あとは、連休中は休みなし、でやっております。
皆様の衣替えのお手伝いをできれば、と思います。
ご来店を心よりお待ちしております。
メール、電話でのお問い合わせも通常通りに対応させて頂きます。

さて、本日ご紹介のお品。
チョコレートの染み、だそうです。
シャツの前立て部分と・・、



カフスの部分に染みが付いています。





こちらは、チョコかどうかは分かりませんが、
レディース物の事務服に付いた染み。
チョコの染みに似ていたので、こちらもご紹介します。




シャツの素材は綿素材。
事務服の素材はポリエステル。

別々のお客様のお品物ですが、
いつも当店をご利用されているお得意様です。
どちらの方もお持ち下さった時にとられた行動は、
「何もせずにお持ち下さった」事です。

パッと見、素材的にも、染みの感じでも、取れると思いました。
しかも、結構簡単に。
それは、染みの部分を拭いたり擦ったりしていない状態と言う事。
これ、大事なんです。

どんな染みでも、染みが付いてしまった時は、どなたもちょっと焦るかと思います。
ついやってしまうのが、濡れたおしぼりで「ゴシゴシ」拭いてしまう事です。
素材が、絹などのデリケートな素材なら『アウト』です。
その部分だけ風合いが変わってしまい白けます。
直らないものも出てきますし、
直すにもかなり手間が掛かってしまうものになってしまいます。

染みがついて「スグ」で、
お客様が「何もせずに」お持ち頂いた場合、
どんな染みでも助かる場合は多いです。


病気の時も、早めに病院にいけば、軽症で済む場合が多いでしょう。
生命に関わる状態の時は救急車で行くはずですよね。
大げさですが、洗濯のときだっておんなじです。
ただ、洋服のシミは命に関わる事がありませんので、
ついつい「後で」になりがちです。

冬物衣料だって同じ事が言えると思います。
秋冬ものは、色目も濃い物が多いです。
シミも目立ちません。
ただ、着用すれば、多かれ少なかれ必ず汚れる事が想定されます。
大切な洋服が、知らないうちに、
虫に食われたり、簡単には落ちないシミになっていたりします。

インフルエンザの予防接種を受けて予防するように、
着用したものはクリーニングに出されて、
コンディション悪化の予防をされることをおススメいたします。

ご用命を頂きまして有難うございました。
「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」「リペア」の御相談承ります。
お気軽にお電話、メールにてお問い合わせ下さいませ。
お見積りは無料です。

菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/
家庭洗濯を応援する
「染み抜きブラザーズのブログClean&Easy」 (ほぼ毎日更新)
http://ameblo.jp/simibura/
TEL  023(662)3058
メール kikuti.masasi@cream.plala.or.jp
ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、下記まで御連絡下さいませ。