ポリウレタンコーティング

洋服にも寿命があります。

二日に一度は、「今日も寒い」的な事を書いているような・・。
今日もやっぱり寒いっす。
週末は寒気団の御一行様(笑)がいらっしゃるようですが、
お手柔らかにお願いしたいですねぇ。

こないだ、友人から聞いた話です。
彼はお酒を介してですが、
美人な外人さんとスグにお友達になれる特技があります。
しかも、相当お金が掛かっている様子。
その友人が言っていたのですが、
ロシアの人はこの寒空でもトレーナー一枚で寒くないらしい、って。
「ウソだべ!」とか、
「最低、もも引きは穿くべ!」
「熊だって寒くて冬眠して外には出ねえべ」とか突っ込まれていましたが、
「本当だ」と言ってました。
『ならよ、ロシア人が好きな日本車って何だか解かるか?』なんて話を広げる始末。
どんだけロシア好きだよ。
なぜ、ロシア人だけにこだわるのか分りません。
でもね、
この前の12月の東京の展示会に行った時、
私、ネルシャツで汗だくでしたからねぇ。
東京の人よりは山形の人は寒さに強いかもしれませんね。
そういう意味では、ロシア人の方はもっと寒さに強いのかもしれませんね。

ハーフコートです。
友人の話からすれば、ロシアの人は山形の寒さなんかこのコート一枚で十分でしょう。
でも、山形の人は、この寒さでは耐えられないかもしれません。

ケアラベルには、表地、裏地ともポリエステル100%との表示です。
画像では解かりづらいのですが、表地にはコーティング加工がされています。
この、コーティング加工品、今は生地に変化などなく、何ともありません。
でも、残念ながら寿命があります。
生地の製造から2~3年でコーティングは取れてくるものがあります。
洗っても洗わなくても、加水分解して取れてきます。




黒いインクのような染みが付いていました。
染み抜き剤も使えるものが限られる場合が多く、
優しく染みを処理しました。

コーティング製品の優れている所は、
風を通しにくいので、一枚羽織っただけでも暖かい所です。
雨や雪も浸み込まない。
何より軽いですし、シワにもなりにくいです。
野球選手もよく着ていますよね、ウインドブレーカーとか。

良い事だらけのようですが、必ず劣化します。
ですので、着用できる期間は短いかもしれませんね。

クリーニング店では、気を使う素材でもあります。
触ってみてべたつきがあれば、受け付けの時点でクリーニングはお断りします。
良い所もあれば、ウイークポイントもあります。
大事に保管していても、いずれは剥がれてきますので、
購入したコーティング製品は、どんどん着用されたほうが良いかもしれません。

追記、ロシア人が好きな日本車はディアマンテらしいです。
なんでディアマンテなんでしょ?(笑)

ご用命を頂きまして有難うございました。
「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」「リペア」の御相談承ります。
お気軽にお電話、メールにてお問い合わせ下さいませ。
お見積りは無料です。


宅配便での染み抜きクリーニングも承ります。

菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/
家庭洗濯を応援する
「染み抜きブラザーズのブログClean&Easy」 
http://ameblo.jp/simibura/

〒990-0401
山形県東村山郡中山町長崎4431
TEL  023(662)3058
メール kikuti.masasi@cream.plala.or.jp
ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、上記まで御連絡下さいませ。

素材の説明。

昨日の山形の最高気温は17.8度。
秋らしくなりすぎです。
配達先のお客様のところで、
「暑かったり、寒かったりで体調が良くないのよ。」
なんて言っておられました。
涼しいでなくて、寒い感覚。
寒暖の差が激しすぎです。

昨日は、定期の集配日だったんですが、
以前に勤務していた、アパレルの卸会社で
このような品物を見つけました。
参考小売価格は3万円オーバーです。

ポリウレタンコーティング製品です。
ソデ口に付いているタグには、
取り扱いの注意が書いてありました。




って書いてあります。
ジャケットのサイズや色、値段は気になっても
この注意書きを見て購入される方は
どの位いらっしゃるでしょうか?

今年の秋冬ものは、
ポリウレタンコーティング製品が沢山出回ると予想されます。
それは・・、
ユニクロが「ネオレザー」というネーミングで
メンズ、レディースともに発売しているからです。

洗濯方法はアイテムによってドライ指定のものと
手洗いのものがあるようです。
商品の説明にはポリウレタン素材が
約3年で劣化することが書いてあります。

着用しなくとも空気中の水分で劣化するとも。

いくら高額な品物でも、
ポリウレタンは劣化します。

購入される方は、そういう『リスク』がある事を
考慮されたほうがよろしいかと思います。

お預かりの時に、素材の劣化について
お客様と相互確認させて頂いている素材です。
素材が劣化する事をユニクロが説明してくれています。
「知ってますよ」
とお答え頂ける方が増えれば有り難いですね。

「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」の御相談承ります。
お気軽に電話、メールにてお問い合わせ下さいませ。
お見積りは無料です。
菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/
TEL  023(662)3058
kikuti.masasi@cream.plala.or.jp

ジャケット=ベンツのシート

こちらのジャケット。
婦人物の新品です。
ポリウレタンコーティング製品です。

集配でお邪魔している、アパレル卸会社さんで見せてもらいました。
こちらの会社は・・・
私が最初に就職させていただいた会社です。
クリーニングの仕事に就く前の三年間、
婦人服をはじめ、呉服、寝具等
繊維製品を学ばせてもらいました。
二代目の先代の社長からは大変お世話になりました。
私の「最初の新規御客様」になって頂きました。
退社の際には
「困ったことがあったら相談しなさい」
とも言ってもらいました。
現在は三代目の若社長が御活躍です。
この前、お邪魔したとき
婦人服の仕入れ担当の先輩が
メーカーさんと商談中でした。
このメーカーさんとは何度か面識があり
製品の話も何度かさせてもらってます。
ひょんなことから
「あ、そうだ。ベンツのオープンカーの
シート生地と同じ生地のジャケットあるよ。 ポリウレタンの。」

とメーカーさん。
「ポリウレタン? 是非、見せて下さい」
とお願いしました。
「百貨店ではニッキュウ(2万9千円売り)以上だね」
「触らせてもらっていいっすか?」
確かに違うような気がします。
が、この生地がベンツのシートの生地と同じかどうかは分かりません。
(ベンツのオープンカーのシート生地を知りません)
製造工場の社長が言ってた、と言う事です。
「ポリウレタンは生地の製造から2~3年で劣化するのありますよね?」
「あ、そう。 その辺は分からんね。」
「いい物見せてもらいました。ありがとうございました。」
高額なポリウレタン製品は確かにあります。
もっと高いのもあるでしょう。
いつ劣化するのかは分かりませんが
必ず劣化します。
剥がれてくるんです。
細心の注意をもってクリーニングを致しますが
お客様にはポリウレタン製品の御理解をお願いいたします。

菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/