ラメ製品

こういうシミが落ちないのかと思うのです。(セーター、油が混じったシミ・ラメ)

家庭洗濯をされる場合、どう言ったことが気になりますか?

洗剤でしょうか?

汚れがついたからでしょうか?

いや、シミが気になって、でしょうか?

まあ、とにかく着たから洗うってことですか?

 

クリーニング屋でも「洗う」のですが、

何か気になる事があったら、

ご依頼時には教えて頂くと有難いです。

「ここにこういったシミがある」とか、

「家庭洗濯したんだけどこのシミが落ちない」とか。

お品物のチェックはさせて頂くのですが、

情報があったほうが仕事がしやすかったり、

キレイにできたりするんです。

 

今日ご紹介するものはセーターです。

ラメが付いているもので、そのラメは剥がれやすそうな感じです。

セータービフォー

セーターアフター②

染みに濃淡がなくくっきりとしたシミです。

このような場合、油性の染みの場合(油が混じったシミ)が多く、

家庭洗濯では中々落としにくい染みになります。

水洗いで油の染みは取れにくいいんです。

 

今回のラメのプリントの部分は、

水だけの手洗いでは取れないと思うのですが、

機械的作用(洗濯機に入れて洗う事)や、

油性の染み抜きの薬剤にはとても弱いと感じました。

 

家庭洗濯で油性の染みを取る事も

可能な場合もあるかとは思います。

でも、

白衣なんかはどうでしょうか?

食べこぼしは如何ですか?

家庭洗濯では出来ない事。

家庭洗濯では苦手な事。

それは油が入ったシミ汚れです。

 

ご自分で洗濯されるのは結構だと思います。

でも、落ちないもの、落ちにくいものは、

早めにご相談下さいね。

 

ご用命を頂きまして有難うございました。

 

「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」「リペア」の御相談承ります。

お気軽にお電話にてお問い合わせ下さいませ。

染み抜きテスト、料金のお見積りは無料です。

宅配便での染み抜きクリーニングも承りますが、

当座の間、アイテムによってはお引き受けできない場合もあるかと思います。

初めて宅配便クリーニングをご利用される方、ご相談頂く方、

また、お急ぎの方はお電話でのご相談とさせて頂いております。

現在、メールでのご相談はお時間を頂戴する場合がございますし、

当店の宅配便クリーニングをご利用頂いたことがある方のみとさせて頂いております。

何卒、宜しくお願い致します。

 

菊地クリーニング  ホームページ

http://www9.plala.or.jp/kclean/

〒990-0401
山形県東村山郡中山町長崎4431
TEL  023(662)3058

営業時間AM8:00~PM8:00 日曜定休です。

※ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、上記まで御連絡下さいませ。

広告

危険な香り

「危険な香り」がする人っていますよね。
表情や仕草からは感情や何を考えているのかが謎っぽい人。
真っ先に思い浮かぶのは松田優作かな。
亡くなった後も、未だに人気があります。
探偵物語なんか今見てもカッコいいです。
ライアーゲームに出ている松田翔太もそうですが、
お兄ちゃんの松田龍平がよりお父さんに近い匂いがする気がします。

格闘技好きな私が思い浮かぶのは、総合格闘技のヒョードルなんてそう思います。
感情を表に出さずに冷静な試合運びで相手を料理します。
ボクシングならヘビー級チャンピオンの時のマイク・タイソン。
試合表情は変わらないし、相手を挑発もしない。
上体を動かしながら強烈なパンチで相手を沈める破壊力。
ニヤリと笑った時の金歯なんか、相当びびるんじゃないかな。

さて、
クリーニング屋をしていますと、
「危険な香り」なんて言うと大袈裟なのですが、
これ、ちょっとヤバイな、という物に時々出会います。
クリーニングする事によってダメージになってしまう物です。

昨年秋物で出回った、ユニクロのネオレザーは、
ケアラベルにも書いているように3年後には気をつけるという目安がありますが、
一般的なポリウレタン加工製品などは、いつ劣化してコーティングが剥れてくるか分かりません。
また、染み抜き作業をするときも、もう少しで取れそうだ、と言う時もヤバイ時はあります。

人間の場合は、見た目や日頃の行動などで
ある程度どんな人かを推察もできますが、
もの言わない洋服は、品質表示は勿論参考にしますし、
長年培ったクリーニング屋の勘も大事にします。

今日ご紹介のラメ地のホットパンツ。
見た目も触った感触も危険な感じです。
素材は麻100%。






ビフォーとアフターの画像に違いがありません。
違いがあっては困るのです。

クリーニング事故になりますから。
そもそも、麻は染色が堅牢ではありません。
更にラメ付きです。
麻素材と言う事は春から夏に着用されると思うのが普通です。
汗をかいている可能性もあります。
ラメのコーティングも汗によって影響が出ることもあります。
本当は、この時期にお手入れされるよりは、
しまわれる前の秋口にお手入れされるほうがよろしい物かと思います。

ご用命を頂きまして有難うございました。
「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」の御相談承ります。
お気軽に電話、メールにてお問い合わせ下さいませ。
お見積りは無料です

菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/
家庭洗濯を応援する
「染み抜きブラザーズのブログClean&Easy」 (ほぼ毎日更新)
http://ameblo.jp/simibura/
ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、下記まで御連絡下さいませ。
TEL  023(662)3058
メール kikuti.masasi@cream.plala.or.jp