リピーターのお客様

『知ってもらう』こと

「こないだ頼んだネクタイ、キレイになってたって。
これも落として頂戴って。」

確かに、先月、ネクタイを3本お預かりしました。
染み抜きのご依頼でしたので
3本ともシミを取って
「しみ抜きしました」のシールを貼ってお渡しいたしました。
実は3本共、ブログで紹介しようと思い、写真を撮ったんですが、
「ボツ」にしました。
実物を見れば、かなり見えるシミでしたが
写真では解りづらかったからです。
結構、手間もかかったものでしたが、キレイになったので
投稿しようとしていたアイテムです。
持ち主のご本人は
「キレイになるもんなんだね~」とおっしゃってたそうです。
キレイになるんなら、これも。
と言うことで
今回はネクタイでは無く、別のアイテム、
ブラウスとジャケットなどをお預かりしてきました。
チェニックのトップス。胸元と前身頃の下に
ソースかケチャップかそんな感じのしみがあります。

            ↓

            ↓

キレイになりました。
そして、こちらはメンズのM-56のようなデザインのジャケット。

特別、目立った染みは有りませんでしたが
袖の先のアジャスターの先が
スレて白くなっていたので
染めてみました。

         ↓

ここ一年位ですが、
作業内容を「お知らせシール」や小さなチラシ、
手書きのメモなどでお知らせしています。
以前は
「染み抜いてんだから、キレイになって当たり前」とか、
「撥水加工してるんだから、水を弾いて当たり前」とか。
全くクリーニング屋の目線でしか
モノを考えていませんでした。
親しくさせてもらってる同業の方から
「お客さんは、どの位 手を掛けてキレイにしてるかなんて分かっていないよ」
とアドバイスをもらって、貼ることにしたんです。
お客様には作業内容が
解り易くなったのではないでしょうか。
シールやメモを「ウザい」と思うお客様もいらっしゃるかも知れませんが、
作業内容は明確にお伝え出来ている、と思います。
クリーニングに出したら、染み抜き代金を払ったのに
取れずに返ってきてガッカリした
、というお話で
ご来店いただくお客様は増えています。
そのシミの半分位は、ほんの少し手を掛けてあげれば
取れてしまうシミだったりします。

『ホントに染み抜きしたのかな?』というものです。
シミが取れるかどうかをテストさせて頂きますが
その時に薬剤も付けずに取れてしまう物があると
お客様も取った当方も『ガッカリ』です。

確かに取れないシミはございます。
が、当店では
取れない、薄くもならないシミはごく僅かです。
染み抜き代金は成功報酬で頂きます。
『シミは取れる』 『キレイにする事が出来る』
こんな意気込みで毎日仕事をしております。
そして、
「キレイにしたこと」を
これからもドンドンお知らせしたいと思います。
ご用命を頂きまして有難うございました。
「落ちなかったシミ」「黄ばんだしみ」のご相談承ります。
お見積りは無料です。

菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/
ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、下記まで御連絡下さいませ。
kikuti.masasi@cream.plala.or.jp

広告