洗えない表示のもの

「洗えないもの」は買いますか?

生タマゴがかかってしまったらしいです。
お預かりしたのは、中綿入りのコートです。


どこに付いたのか分らない状態ですが、
触ってみるとシルクではなさそうです。
ウエットクリーニングしてみるかな、と思い、
ケアラベルを見てみますと・・、
やっぱりポリエステルですねえ。


あら。



あれれぇ。


クリーニングは専門店に・・。

「クリーニング専門店」と
検索キーワードを入れて調べてみると分るのですが、
クリーニング店名は中々出てきません。

エアコン専門店、ハウスクリーニング専門店、
クリーニング店でも、
布団専門店、きもの専門店、革専門店とかは出てきます。
なら、どこのクリーニング店に頼めばいいんでしょうか?
どういうクリーニング店が専門店なんですかね。

きっと、お客様が当店を専門店だと思ってくれたのでしょう。
ならば、洗うしかありません。

洗いましたけど。
キレイになりましたけど。

本当はファーが付いたコートのようですが、
取り外した状態でのお預かりでした。
ファー付きのものはこのような表示のケアラベルのものがありますね。

今回お預かりしたコートに関しましては、
それが理由ではないのでは、と思いました。
内側の画像がありませんが、
中綿がキルティングされておりませんでした。
洗うと中綿が動いて、
綿が寄ってしまう可能性が高いということだと思います。

洋服を作る側は、
オール×の洗濯表示を付けてもいいのでしょうが、
買う側の人やお手入れをするクリーニング店にとっては厄介な表示です。

売る側のショップの人も、
この製品は洗えません、といちいち説明はしないと思います。
洗えないと説明したら、購入を躊躇う人も多いでしょう。
私なら買わないですもんね。

洋服を作る側、企画する側の人のお話も聞いたことがあります。
お客様から支持されるデザイン、とにかく売れるものを作る事が、
一番優先されています。
メンテナンスの事は全く考えていない、とは言いませんでしたが、
あまり考えては作られておらないようです。

本体の内側に付いている小さなケアラベルを、
ひっくり返して、いちいち確認してから買う人は少ないと思います。
せめて、オール×の洗えない物は、
袖とかに付いている紙のタグと一緒に、
目立つような色、大きさのタグで表記するべきです。

ご用命を頂きまして有難うございました。
「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」「リペア」の御相談承ります。
お気軽にお電話、メールにてお問い合わせ下さいませ。
お見積りは無料です。


宅配便での染み抜きクリーニングも承ります。

菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/
家庭洗濯を応援する
「染み抜きブラザーズのブログClean&Easy」 
http://ameblo.jp/simibura/

〒990-0401
山形県東村山郡中山町長崎4431
TEL  023(662)3058
メール kikuti.masasi@cream.plala.or.jp
営業時間AM8:00~PM8:00 日曜定休です。
ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、上記まで御連絡下さいませ。

洗えないブルゾン

5351プール・オムの綿100%のブルゾンです。


でも、タイトル見て解っちゃいました?
そうです。
洗濯表示に、「洗えない」って書いてあります。



一日おきにご来店下さる御客様の
息子さんのものです。

同じブランドの同じような半袖のものも
お預かりしましたが
そちらは「洗えます」の表示でした。

洗えないんですが、エリや袖口は汚れていますし、
ワキなんかも薄っすら汗染みがありました。




洗いましたし、
キレイに致しました。


洗えない原因は、
ソデに付いているスタッズ付きの革のワッペン。

これ、濡らすと色が滲みます。
ワッペンを色止めして、
えりや袖口、ヒジのシワの汚れをあらかじめ取って洗います。
そして、色が滲んだ部分的を取る作業。
まさに一点洗いです。
革の表からではなく裏から色が出るんです。

家庭で洗われたらそちこちに色が付いて大変でしょうね。

洗えない表示の物は
ほんとに洗えないものもあります。
今回の物はお引き受けいたしましたが、
お断わりするアイテムの場合もございます。

お気に入りの物を購入される時、
洗濯表示を見てから買われる方はどの位いらっしゃるのでしょうか。
クリーニング屋の人は見る確率高いと思いますが。

今回お預かりのアイテムは、
販売を取り扱う店舗が決まっているものだと思います。
ショップのスタッフさんは、
御客様に「洗えない物」であると説明されたのでしょうか?
多分説明はされないのではないでしょうか。

衣類は、着用すれば
どんなに気をつけて着ても必ず汚れます。
そして、メンテナンスをしなければ着られなくなってしまいます。

ご用命を頂きまして有難うございました。
「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」の御相談承ります。
お気軽に電話、メールにてお問い合わせ下さいませ。
お見積りは無料です。

菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/
家庭洗濯を応援する
「染み抜きブラザーズのブログ」 (ほぼ毎日更新中)
http://ameblo.jp/simibura/
ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、下記まで御連絡下さいませ。
TEL  023(662)3058
kikuti.masasi@cream.plala.or.jp