革ボタンの事

ちょっとしたことですが。

昨日の夕方、
携帯にメールが来ました。
「今日飲みに行かないか?」
同業者の同い年のkomaちゃんから。
酒はキライなほうではありませんので
行きたかったんですが、
こまごまとする事があって
「また誘って」と返信しました。

皆さんのところにもありますか?
 隣組。
今年12年ぶりに回ってきました、
 『隣組長』。
文書の配布や集金。
はたまた隣組のお宅に葬式が出たりすると
お手伝いの責任者のようになったりもします。
そして今年は、
地区の公民館が建て替えされるので
何回も隣組長の皆さんが対象の集会が行われており
今週中に公民館建設の負担金の集金もしなければいけません。

仕事のほうも、
「汗抜き水洗い」のアイテムを
受注するものが多いです。
黄ばみ抜きや色移りのものの修正作業など
手間の掛るものが多いのです。
仕事のスピードも大切だと思いますが、
時間に追われて、慌てて染み抜きや移染の処理をして
良い結果にならない事は経験済みです。

さて、
今日ご紹介するのは、
染み抜きではありません。

ボタンを外して、
また付けた、と言うことです。

↓ ↑ どちらも洗浄乾燥後です。 ↓ こちらは仕上がり後

写真の撮り方がよろしくありませんが、
ご覧の通り、
「外してまた付けました。」

理由は、
革のボタンだからです。

こちらのお客様は、
他店様にクリーニングを依頼されたんだそうですが
シミが取れなかったらしいんです。
それで当店にお持込み下さいました。
ニットのジャケットを
染み抜き後に
ウエットクリーニングしました。
革のボタンは、濡らせば色がでます。
なので、
このような作業となりました。

リペアは本職ではありませんので、
完全に元通りとはいきませんが、
スラックスの、
スソのほつれをまつる位のことは
させて頂いております。
Yシャツのボタンが取れているものも
全く同じボタンとはいきませんが
数種類の中から近いものをお付けしております。

クリーニング屋は
こまごまとした事もやるんですよ。

P.S  komaちゃん、また飲み会誘ってけろな。
次回は行きますので。
(ブログ見てねえか・・)

ご用命を頂きまして有難うございました。
「お困りのシミ」「黄ばみ」の御相談承ります。
お気軽にお問い合わせ下さいませ。
お見積りは無料です。

菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/
ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、下記まで御連絡下さいませ。
TEL  023(662)3058
kikuti.masasi@cream.plala.or.jp

広告