Yシャツの染み、汚れ

ワイシャツのプレス、しみ、黄ばみ。

出来上がったばかりのオーダーシャツ。
新しいものは、いいですよね。
新しいので何も問題なく着用できるんでしょうが・・。
言われてみれば、気になる事もございますね。
シワ。
たたみジワ。
以前にブログでもご紹介しましたが、
こちらのお客様は着る前にお持ちくださいます。



シワより、もっときになること(物)。
シミです。
鎌倉シャツ。

ここのシャツ、着心地の評判も上々のようです。

↓ 胸元に沢山のシミ。

今度はエリの黄ばみ抜き。



プレスのみ。

染み抜き

襟の黄ばみ抜き。
掛かる手間は、三番目の黄ばみが一番掛かります。
このシャツは、もう捨てようか?と思ったそうです。
実は、この他にも同じような状態の物を2枚お持ち下さいました。
しかも、全部クリーニングされていて、
ハンガーとカバーが付いているままで。

シャツをいつ捨てるか、なんて個人差がありますよね。
沢山お持ちで、代わりの物は何枚もお持ちかもしれません。
新しい物を買うのだって苦ではないし、
むしろ楽しいしワクワクするかもしれません。

私は古着を愛好しています。
同じブランドの物を買う事が多いです。
汚れたりダメージがあっても買う場合も多いです。
シミや汚れがあって、気になるのであれば、
染み抜きや消臭殺菌もしてから着用します。
この位のシミなら、きっと取れるだろうなんても思ったりします。

自分のしている事がエコなんてあまり思いませんが、
同じブランドのものが着やすかったり、
作りがピタッとくるからこそ同じものが欲しいという事もあります。

黄ばみのあったワイシャツは、
一緒にお持ち頂いた他の物が、同じブランドのものでした。
きっと、お客様の体型に合っていたり、
着やすかったのかもしれません。

捨てる事はいつでもできますよ。
クリーニングに出して、シミや汚れが落ちない場合、
そのクリーニング屋では、シミは取れないか、
もしくは、取る気がないか、だと思います。

たまには別のクリーニング店に出してみる事もいいかもしれません。
ワイシャツのクリーニングは、基本だと思っています。
当店をご利用下さっているお客様には、
いつもキレイにしてお渡ししたいとも思っています。
キレイにしたくて、ひと手間掛けてから洗うものだってあります。
工程通りで落ちない物を、そのままお返しする事はありません。

「このシャツもったいないけどダメかな・・」
なんて思っているものがありましたら、
当店に、ひと声掛けてみて下さいね。
染み抜きも成功報酬で頂いております。
諦めるのはそれからでも遅くはありませんよ。

ご用命を頂きまして有難うございました。
「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」「リペア」の御相談承ります。
お気軽にお電話、メールにてお問い合わせ下さいませ。
お見積りは無料です。


菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/
家庭洗濯を応援する
「染み抜きブラザーズのブログClean&Easy」 
http://ameblo.jp/simibura/

〒990-0401
山形県東村山郡中山町長崎4431
TEL  023(662)3058
メール kikuti.masasi@cream.plala.or.jp
ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、上記まで御連絡下さいませ。

広告

ワイシャツ襟とカフスの汚れ、黄ばみ。

昨日もワイシャツ。
今日も更にワイシャツの話です。

Yシャツの汚れ方も人それぞれです。
襟が黒ずみのようになる人もいらっしゃれば、
じんわり油が浸み込んでるような方もいらっしゃいます。
着用してから放っておいた物ですと、
黄ばみの染みになっている物もございます。

今日ご紹介するワイシャツは、
襟も袖口も、相当ハードに汚れていました。
更に、画像はありませんが、
ワキに薄い黄ばみの輪どりの汗染みもありました。
このぐらいの汚れた物になりますと、
お預かりする事は滅多にないレベルのものです。








濃い染みもさることながら、
表面の茶色い汚れが取れても、残った染みは黄ばみの染みです。

今回お預かりのYシャツは、
クリーニング屋でも普通に洗っただけではキレイになりません。
黄ばみの染みが残りましたので、
部分的にも、全体的にも、
最終的にはきつい漂白作業を致しました。

もし、
このシャツをご家庭で洗われた場合、
キレイに汚れが落ちる事はまずありません。
それは、洗う時の水温も、
使っている洗剤、助剤、漂白剤全てが家庭洗濯とは違うからです。
ワッシャ―(洗濯機)の大きさも違いますから、掛ける機械力も違います。

出来ることであれば、
この状態になる前に、
着用後、なるべく早く洗いたいところです。
シミも汚れも、付いたらスグに洗う事が、
「キレイ」を保つコツでもあります。

ご用命を頂きまして有難うございました。
「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」「リペア」の御相談承ります。
お気軽にお電話、メールにてお問い合わせ下さいませ。
お見積りは無料です。


菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/
家庭洗濯を応援する
「染み抜きブラザーズのブログClean&Easy」 
http://ameblo.jp/simibura/
TEL  023(662)3058
メール kikuti.masasi@cream.plala.or.jp
ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、上記まで御連絡下さいませ。

ギャップ

「ギャップあるんじゃねぇ?」
「無いべ。」
「よそ行きだず。 お前の奥さん書いてんだべ。」
「違うず。 オレが書いてるのよ。」
友人に、このブログの存在を知らせました。
早速、見てくれたらしい。
どうも、いつもの私では無いと言います。
昨日も、
隣街の寒河江(さがえ)市の
更に隣の河北町から、よくおいで下さる御客様からも
同じようなことを言われました。
「見ましたよ。 違う感じだな~。」
「見てくれた?」
「何か色々書いてるんすね。 このエリの染み、何とかなりますかね」
「何とかしたいっすね。」

確かにキャラ的にはそうかもしれません。
ヒゲ+坊主刈り=怪しい。
でも、
人を見かけで判断するのは止めましょう。
飲みに行ってる時と一緒の感じで
ブログ書いたら大変な事になるでしょ。

このブログは、
仕事の事を真面目にお知らせするものでございます。


冒頭にそう言った友人のH君だって、
仕事の時の営業トークは違うでしょ?
飲みに行ったらここに書けないことも
山ほどあるじゃないっすか(笑)  ね?

さて、
気を取り直しまして今日の話でございます。
Yシャツのエリの汚れです。
白のT/C素材(綿・ポリ)の同じようなYシャツを
同じ条件で洗っても、
エリの汚れが同じように落ちるとは限りません。

個人差があります。
一日で替える方もいらっしゃれば、
もっと着用される方もいらっしゃるようです。
更に、
着用されてから、長い間放置された物もあるかも知れません。

汚れが落ちなかった場合は
もう一度洗ったり、染み抜きする物もございます。
そういった物があれば、
当店ではプレス前に再洗いにまわします。

汚れが落ちないまま、高温でプレスされますと
汚れが定着してしまいます。

クリーニング屋としては、それは避けたいところです。

他店様で洗われたYシャツの、黒ずみが残っている物を
取れないか、とお持ち下さる方もいらっしゃいます。
これ、結構手強いものが多いです。
取れなくなってしまっている場合もございます。

この位のものであれば、
通常の洗いで大丈夫なんですが。


H君から何と言われようと、
真面目にブログに取り組みます。(キッパリ)
引き続き、宜しくお願い致します。

ご用命を頂きまして有難うございました。
「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」の御相談承ります。
お気軽に電話、メールにてお問い合わせ下さいませ。
お見積りは無料です。

菊地クリーニング  ホームページ
http://www9.plala.or.jp/kclean/
染み抜きブラザーズのブログ (昨日更新しました! こちらも是非!)
http://ameblo.jp/simibura/
ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、下記まで御連絡下さいませ。
TEL  023(662)3058
kikuti.masasi@cream.plala.or.jp