家庭洗濯では取れにくい油性のシミ抜き。ウインドブレーカー。プリントがあるもの。

昨日、アパレル業者さんが、

自店のお客様が消費者向けに教える、

染み抜き方法のセミナーに参加させて頂きました。

 

何年か前に、「染み抜きブラザーズ」として、

武田クリーニングのたけしんさんと、

家庭洗濯向けのブログなんかも書きつつ

(9割ほどは、たけしんさんが書いたのですが。。)、

自分達でシミを付け、染み抜きを実演して、動画を撮って、

シミの取り方、洗濯の方法を公開していた時の事を、

ふと思い出させてくれました。

 

クリーニング屋で、染み抜きを勉強されている店には、

染み抜き専用の機材や薬剤があり、

処理の工程を手順通りに行えば、

比較的簡単に落とせるようなシミも、

一般家庭で同じシミを落とす、となりますと、

私達が行う染み抜きの何倍もの手間が必要なんですよね。

更に、細かい事を申し上げますと

微妙に残る場合も多々ございます。

 

さて、

本日ご紹介しますのは、ウインドブレーカーです。

このお品物は、家庭洗濯ができるものです。

しかも、クリーニング屋の特長でもあるドライクリーニングが出来ません、の表示です。

ウインド油しみラベル

表示では洗濯方法は手洗いのみ、となっています。

ただ、この表示通りの洗濯をすれば、

この油のようなシミが取れるのかと申しますと、取れません。

ではそうするればいいのか?という事です。

シミの部分には染み抜きが必要なんですね。

 

ウインド油しみ

ウインド油しみ②

ドライクリーニングが出来ない理由として、

ブランドロゴがプリントされています。

これはドライクリーニングをする事によって、

プリントが剥がれてくるって事でしょうね。

だから、水洗いの手洗い。

機械力を掛けないで、というのも、

プリントがはげる事があるって事からだと思います。

 

プリントは時間が経つと剥がれてきます。

発泡プリントも同じです。

剥がれやすいものに機械力を掛けますと、

更に剥がれてくる事になります。

 

洗いは手洗いで。

シミはシミで別に対応。

そうする事で、キレイに出来るのです。

洗いあがったものには、撥水加工(撥油加工)をしておくことで、

シミになりにくくなりますから、

合わせてご依頼くださると、予防にもなる、という事です。

 

ご用命を頂きまして有難うございました。

 

「お困りのシミ」「黄ばみ」「修正」「リペア」の御相談承ります。

お気軽にお電話にてお問い合わせ下さいませ。

染み抜きテスト、料金のお見積りは無料です。

宅配便での染み抜きクリーニングも承りますが、

当座の間、アイテムによってはお引き受けできない場合もあるかと思います。

初めて宅配便クリーニングをご利用される方、ご相談頂く方、

また、お急ぎの方はお電話でのご相談とさせて頂いております。

現在、メールでのご相談はお時間を頂戴する場合がございますし、

当店の宅配便クリーニングをご利用頂いたことがある方のみとさせて頂いております。

何卒、宜しくお願い致します。

 

菊地クリーニング  ホームページ

http://www9.plala.or.jp/kclean/

〒990-0401
山形県東村山郡中山町長崎4431
TEL  023(662)3058

営業時間AM8:00~PM8:00 日曜定休です。

※ご紹介している画像は、同じような事例で
お悩みの方の参考になりますように、
独断で掲載しております。
掲載に関しまして不都合な事がございましたら
お手数ですが、上記まで御連絡下さいませ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中